ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

「土のいのちは人のいのち」~完全無農薬・無化学肥料の循環農法で誇り高い百姓を復活させよう!

イメージ 1

待ちに待った赤峰さんの百姓塾が関東で初めて8月11日から13日(2泊3日)で開講された。
会場となったのは、千葉のくりもと地球村である。参加者は関東各県、遠くは秋田から、女性22名、男性11名、大分から赤峰さんを招き、循環の集いメンバーである新海さん、大松さん、岡田さんなど、強力な講師陣、くりもとスタッフ含めて総勢40名を超えた盛大な集まりとなった。
大分で代々お百姓さんとして暮らし、気づかされ、実践し体感し、30年余りかかって会得した「循環・宇宙の法」。
毎日、田畑に出て、天と地に感謝し、笑顔で野菜達と語り、微生物の声を聞いている人だけに心に伝わるメッセージとなった。
生きた土と神草、神菌、神虫、すべてが大自然の循環によって美しいほどの「環」となっている事。
参加者からの細かな栽培や農法に関する質問にも的確にわかりやすく答えていく姿は、就農や自給自足を目指す参加者にとって、とても心強い師との出会いを感じさせたことだろう。
幸せに生きるための正しい知恵「自然海塩」「陰陽」「酵素」「玄米菜食」「人の使命」など、独特の語り口と溢れる慈愛、宇宙観、そして、気(エネルギー)がくりもと地球村全体に満ちあふれた3日間だった。
21世紀は自給自足が基本、人々のすべてが自然の循環の中で百姓をしながら生きることの大切さ、今すぐ鎌と鍬を持ち、荒れた地を耕し、命の種を蒔こう!と、大自然の生態との循環に沿った暮らし方への移行、完全無農薬・無化学肥料の循環農への一歩を踏み出す勇気を確認しあい、輝く目と笑顔で再会を誓い合う有志との縁を結んだ。
私たち患者達が安心して食べられる命・食品を作り出す完全無農薬・無化学肥料で頑張っているお百姓(生産者)さんとの連携支援、それによって体調改善した人が目指すのは自給自足をしながら、マイペースで働き、「結」の精神で助け合い、笑顔で暮らしていけるコミュニティ作り、町づくりをしていく想いを再確認できました。ありがとうございました。

大分・なずなの会
http://www7.ocn.ne.jp/~akakatu/

千葉・くりもと地球村
http://www1.ttcn.ne.jp/~kurin/