ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

東京の海は土壌の水銀が!東京の空は?

「ワクチンの水銀と自閉症との関係」「歯に埋め込まれたアマルガム(水銀)除去と過敏症改善」等々、水銀の有害性は数え切れないほどで、患者の皆さんは常識、必須知識になっています。
そんな「水銀」は身近にたくさん使われています。きちんと体外へ排出する命ある食物を食べていないと体内に蓄積されて、様々な健康被害を引き起こします。
ニュースにある東京湾を汚染している30年前の農薬。既に重大な影響を与えていますよね?専門家さん。
子供達を見て下さい。ニュースに流れる残虐な犯罪は何の影響ですか?気力のない目をした子供達、暴力的な言葉を吐き続ける若者達。その責任は子供達にあるのではなくて、目先のお金で環境悪化を見て見ぬ振りしてきた大人、社会、国家の責任じゃないですか?
国に先駆けて東京都が規制したディーゼル車。重度の花粉症が激減し、最悪だった都内の空気汚染が改善された。
当然の結果であり、全国、全世界でその調査研究結果をもとに規制をすれば良いというモデルケースでもあるでしょう。
群馬県の農薬空中散布の規制も同様の結果となることもしかり。
今もなお、農薬の安全性を声高に叫び、黒煙吐いて車を走らせ、路上で喫煙し道に投げ捨てるような、人としてあってはならない行為。「因果応報」という言葉通り、空に吐いたツバはすべてあなたとあなたの大切な人や物にかかることを、一刻も早く気づいてほしいと思います。

今、私たちができる地球改善の小さな行動は、子供達のさらに子供へ伝え託す21世紀の想い。
後先短い私たちが礎となって、地球維新を成し遂げる小さく賢い魂達を守り、育む、50年、100年という歳月をかけた循環型の地球人づくりは、これから各地で一斉に始まっていくのでしょう。「成せば成る成さねば成らぬ何事も」(いけや

***************************
「土壌の水銀、東京湾を汚染~30年前の農薬が雨で流出」
asahi.com/2006年08月31日)

 30年以上前に農薬としてまかれ、土壌に残留した水銀が雨で河川に流れ出し、今も東京湾を汚染している可能性が高いことが分かった。静岡県立大環境科学研究所の坂田昌弘教授(環境化学)らの研究で明らかになったもので、使われた水銀量から推定すると、東京湾の水銀汚染は今後、数十年は続くと、坂田教授はみている。ただ、専門家は「健康への影響を重大に考える必要はないのではないか」との見方を示している。・・・(全文は下記サイトを参照下さい)
http://www.asahi.com/science/news/TKY200608300417.html


「都内で汚染改善進む 二酸化窒素は横ばい」
asahi.com/2006年09月04日)

 東京都が首都圏の自治体を先導して実施したディーゼル車規制が効果を上げ、大気中の汚染物質が減少していることが4日、都のまとめで分かった。05年度に浮遊粒子状物質が、汚染状況の調査を始めた73年度以来初めて、道路沿いの観測局すべてで環境基準に適合した。住宅地では一昨年度から基準を満たしている。・・・(全文は下記サイトを参照下さい)
http://www.asahi.com/life/update/0904/011.html