ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

現代に最も必要なルールとマナー~ならぬことはならぬものです。

イメージ 1

いじめの問題が国会でも協議されている。子供達だけでなく、大人の世界だっていじめだらけ。
なんでそこまで同じ人間同士で憎しみあうのか?単に性格が悪いからなのか?親のしつけがいけないのか?
過敏症になってから、有害な環境汚染物質~化学物質や電磁波、薬漬けの食品、乱れた生活習慣、そして、強いストレス社会が、人間の神経を狂わせ、免疫を低下させ、人としての正しい思考や行動、言動、振る舞いが一瞬にしてできなくなることに気がついた。
見えないものが見えるように。
体内に毎日のように有害な化学物質を蓄積して、電磁波を浴び続ければ、どんなに健康な人でもイライラし、暴力的な行動や言動がはじまる。そのうち、死にたくなる気持ちが止められない鬱症状がでる。ミネラル・栄養・睡眠不足、セロトニンメラトニンの低下がどんどん進んで自殺という結果となる。
そこまでいかなくとも、やる気のない死んだ眼、つやのない無表情の顔つき、携帯電話だけを見つめる屍達、メールやネットの表面的な付き合いだけでいつも空虚で不安を感じている人々。
子供だろうと大人だろうと、実年齢と体格、知能は異なろうが、精神年齢は変わらないピーターパンばかりのように感じて、これからの子供達の未来を不安に思う人も少なくないだろう。
すべてがつながっていくのに、政治、経済、産業、医療、教育、様々なキーパーソン達に、見えないものは見えないようだ。

先日訪れた「日新館」。
白虎隊で有名な会津には日本でも最高峰と評された藩校「日新館」が、その姿を会津若松郊外に残している。
会津藩士の子供は、6歳から10名のグループでの集団行動を通して社会道徳を学び、10才になると日新館へ入学して文武両道、高い知性と人徳を磨く様々な教育を受けていた。
有名な「什の掟」には、現代社会から欠けてしまった、人としての基本道徳を見直すヒントがあると感じた。
私も含めて、表面的な言葉と行動(規律)の意味だけをとれば、冗談じゃない!ナンセンス!と思う人も多いと思う。
ただ、義務も果たさず自由・権利をはき違えて、幸せと豊かとは=金、学歴、名誉etcと支配層の都合が良いように嘘の基準を教わった人々と共に、ルールとマナーがない混沌とした世の中を過ごすことほど、不安に感じることはないのではないか?
今の世の中は、ルールのない競技に参加しているようで、夢や希望を感じろ!と教育するのは嘘になる。
基本に戻って、人として何をするために生きているのか?を見つめ、考え、行動できる人材を育む親、地域、国の使命を思い出してほしいと心から願っている。
そこに暮らす人々が、愛と希望と夢にあふれて、笑顔でキラキラ生きている町。
そんなコミュニティができればいいなぁ~と願っている。

什の掟
一 年長者の言うことに背いてはなりませぬ
二 年長者にはお辞儀をしなけれはばなりませぬ
三 虚言を言うことはなりませぬ
四 卑怯な振舞をしてはなりませぬ
五 弱い者をいぢめてはなりませぬ
六 戸外で物を食べてはなりませぬ
七 戸外で婦人と言葉を交えてはなりませぬ
ならぬことはならぬものです。

ロハスモデル・コミュニティの準備は順調に進んでいます。
来春には、嬉しいニュースを皆さんにお届けできると思います。もう少し温かく見守ってください。
年の瀬、体調を崩さぬよう、ご自愛ください。良い新年を迎えましょう!(まだ早いかな)