ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

雪囲いをはずして新鮮な空気で校舎も深呼吸^o^

イメージ 1

待ちに待った快晴の南会津。今日こそ雪囲いをはずして新鮮な空気を校舎に入れなきゃ!と早起きして作業を1人でコツコツと始めました。
桜も所々咲き残っていて、若葉の草花の中で、ひときわたんぽぽが目立ってます。
とりあえず全部は大変なので、使う教室分とお手洗いや廊下だけの雪囲いをはずして、窓を全開にして玄関から風を通しました。
掃除して、たまっていた埃や土、かびっぽい空気は半日でしたが、あっと言う間にすっきりして、一安心です。
モップで水ぶきをした後も、湿度の低い会津高原です。拭いたそばから乾いて、使い込まれた木造校舎の廊下がピカピカと光っていきました。なんか懐かしいやら、嬉しいやら。といいながら、結構1人仕事なもんで体力的に半日が限界。3時前には作業をまとめて今日の予定は終了です。
雪囲いの板は、厚めの良い板なので、これをそのまま間仕切りに使うなんて臭いが飛んでいてイイんじゃない?なんても思っています。これから大工さんらと修繕の打合せをつめていきます。
またの報告をお楽しみに!

話変わって、ちょっと気になるニュースを・・・・
ラニーニャ現象」で猛暑・渇水の恐れ(朝日新聞asahi.com 07年5月13日)
http://www.asahi.com/national/update/0513/TKY200705120218.html?ref=rss
今年、異常に雪が少なかった会津。そのお陰で早くから小学校の準備に取りかかれましたけど、誰もが水不足を心配していました。
案の定、昨日のニュースで今年の猛暑、渇水の話題。とても心配な自然現象、というより世界全体の大きな自然災害につながる情報だと思います。
猛暑は近年慣れてきましたので、汗=デトックスと考えれば、紫外線を避けてイイ汗かいて解毒できるのはまぁ許せるとしても、渇水は確実だと思っています。ペットボトルでもいいし、貯水できるものを早めに準備して、備えたいですね。
会津は山からの湧き水が水道代わりです。山の水が枯れないことを心から祈って、私も修繕項目の一つとして「貯水タンク」をお願いしようと思っています。皆さんも、今一度「水」のありがたさ、貴重な資源という事を考える機会をもってくださいませ。
(い)