ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

無線式~の反乱?重大な事故にならないといいなぁ、、、

 10月1日、国土交通省が定めている、航空機の安全な運航に障害を与えるとして使用が制限されている機器類の定めが改定されます。
 今まではNintendoDS Liteなどの無線機能のついたゲーム機器は離着陸時を除いて使用可能でしたが、これが常時利用禁止になります。無線機能の付いていないゲームや、無線機能のOFFが可能な機器は、離着陸時を除いて、今まで通り利用が可能です。
 また、「アクティブICタグ」や「無線式マウス」「無線式歩数計」「無線式心拍測定計」「無線機能付腕時計」「無線式キー」の利用も常時禁止されます。また、「充電器」「GPS受信機」「音声や接触で反応する玩具類」は、離着陸時に限り、使用が制限されます。
 今まで制限されていた、「電気かみそり」「電卓」「カセットプレーヤー」の利用は、常時可能になります。(Livedoor/PJニュースより)

 本当に「無線(ワイヤレス)式~」というものが巷に溢れていますよね。
最近ではデータだけでなく、充電ができたり!?遂に無線で電力を送るなんて愚行を世に出してしまったか、という時代です。経済優先、環境度外視。地球温暖化のことより株主様なのかなぁ。
飛行機だけでなく、電車や車でも共通してくる話題ですが、さまざまな動力機器とコンピュータ制御とが誤作動して、重大な事故にならないといいなぁ、と感じます。
携帯電話は誰でも理解できると思います(でも誰も優先席付近で電源は切らない)けど、ゲーム機やパソコンなど、あまりにも高周波が発生しているなんて感じられないものを、平然と公共の場で使用する人が多い中で、誤作動による事故がその電波のせい?と言われても、何の危機感もないように思えます。タバコのパッケージのように、「この機械からは危険な高周波が発生します。使い過ぎに注意!」なんてアラートシールを貼るとか、、、、絶対無理だよなぁ~。
 大人として、子供たちのゲーム機を規制できないのならば、その危険性だけは伝えましょう。
「電磁波曝露で過敏症になろうと、ガンになろうと、無精子不妊体質になろうと、重大事故を誘発しようと、すべて自己責任。飛行機が墜落したらほかの人に迷惑がかかるっから、使ってはいけない場所では、絶対使わないこと!」って。(い)