ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

山が日に日に色づいて~モニター運営はあと残すところ5日に!!

イメージ 1

 8月から始まったプレオープンのモニター利用。途中、お盆明けから越冬小屋(9坪健康住宅のモデルハウス)の建設、9月末からの再開、10月には朝の気温が一ケタにと、8月から実働約1ヶ月半の間にいろいろな発症者や動物達?との出逢い、延べ150名を超える環境病発症者(スタッフ含め計180名)の方に利用いただき、施設の状態、備品、利用者ケア、食材手配、気温/天候なども含めたデータ収集ができました。

今朝の気温は2度。うっすらと霜がおりて草が白くお化粧をしていました。それでも窓はCS対応のためフルオープン&無暖房(湯たんぽのみ!!)です。みんな室内でもダウンジャケットなどの重装備で談笑しています。日中は外のほうが暖かいなんて日もありました。

昨日はモニター利用最後の週末とあって10名の利用。賑やかなキャンプ村でした。
10/21日曜には、先月取材のあった朝日新聞(朝刊/福島版)にあらかい健康キャンプ村の記事を掲載していただきました。結構大きな記事で驚きました。この施設の存在が少しでも発症者の救い、希望となればと願っています。(その他、10/10付の日経流通新聞などにも記事掲載されたようです)

残り5日間。現在、利用者は私を含めて6名です。
山が日に日に赤や黄色、オレンジ色に色づいて、本当にキレイになってきました。空気も青空、そして星空も。
本格的な冬支度をしない前に、都会育ちにとっては厳しい寒さという洗礼を受けていますが、日々身体も慣れてきて、寝起きは2度でも裸足で大丈夫です。どんどん慣れさせていきたいと思います。
来月からは、越冬前の大修繕が始まります。越冬小屋の準備も急ピッチで進めていきたいと思います。
冬は冬で、楽しい越冬モニターをしたいと思いますので、興味ある方はニュースメール登録でもしてください。(いけや