ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

映画を観たから会津に引っ越した訳ではありませんッ!^o^

イメージ 1

子供達が引っ越してきて学校や生活、人生まで、思いも寄らないビックリするような話題が出るようになった。
その一つが「自然」と「災害」についてだ。
年末に引っ越してきて、1日50cm以上も降り続く大雪、みるみると車が雪の中に埋もれていく。
「このままだと、ここから脱出できないかも?」なんて、冗談まじりに話をしながら、雪はキレイだったり、スキーで遊べたり、水の資源になったり、ただ、甘く見ると怪我や事故、雪崩、命を失うほどの脅威になることも身をもって感じたと思う。そう、広島のスノーボーダー遭難のニュースである。
同じく、年末年始に越冬小屋でレンタルDVDを観た時、たまたま借りた「日本沈没」の映画の中で、都市部が次々と地震災害で崩壊し、人々は逃げ惑い、地獄図だったにも関わらず、主人公の実家(造り酒屋)がある「会津」だけはほのぼのと何もなかったように生活している場面が映し出された時に、「だからパパは会津に来たの?」と子供達に笑われた?オイオイ、この映画は初めて観たよ。そんな単純な人間じゃないぞぉ~~(笑)と、憤りなかがらも、なぜ会津が被害を受けない設定なのだろう?と不思議にも思った。
「富士山大噴火」というテレビの番組もあったらしい。最近、本当に桜島も噴火し始めたようだ。

子供達は地球や世界、日本の未来、自分たちの行く末について、とてもナーバスになっている。子供達のみならず誰もが。最近、度重なる食の不安だけでなく、金やガソリン、穀物などに資金が流入している21世紀の世界恐慌を臭わすサブプライム関連の国際的経済不安、鳥インフルエンザによる人間の感染と死者が100名を超えたパンデミックを警告する国際ニュース、中国の記録的な雪災害をはじめ、ケタ違いの自然災害や一個人では太刀打ちできない不安材料が今年に入って日に日に増えている。
地球温暖化」という一言で、二酸化炭素を売り買いしている場合なのだろうか?
毒ギョーザや農薬汚染は「中国」や「冷凍食品」「工場の管理」がどうこうという問題なのだろうか?
国会は「ガソリン税の25円」を子供の喧嘩のように討論しあうために国民の代表が集まる幼稚な会議
だったのか?
必ず来る未曾有鵜の大災害に備える準備が必要な時期じゃないのかなぁ~。
自分で出来る事は、自分でする。家族の命は自分たちで守るしかないんだろうなぁ~。

日本沈没」の映画、賛否両論ありますけど、そこそこハッピーエンドですし、会津がなぜ生き残るのか?なんて疑問に思う方、新品、中古で入手するなり、レンタルでもしてご鑑賞ください。
http://www.amazon.co.jp/日本沈没-スタンダード・エディション-草ナギ剛/dp/B000JMJU7I
だからといって、私は南会津に移住した訳ではありませんし、そんな中で生き残りたいとまで欲も強くありません。ただ今できることを、できる人たちと、できる場所で実現したいと思っているのみ。
次は何の映画を観ようかなぁ^o^・(いけや