ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

エコヴィレッジ会津高原のイメージパースが届きました^o^

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 昨日、待望のエコヴィレッジ会津高原イメージパースが届きました。
会津・伊南に暮らす庭師の大桃誓記さんご夫婦は、素敵なお庭をプロデュースしてくれることで有名な人気の庭師さんで、地元南会津のみならず近郊各地で活躍されています。
エコヴィレッジ会津高原プロジェクトとして全体構想となるグランドデザイン監督を、私は建築士さんじゃなくて、自然の草花、木々たちと対話し、共生できる庭師さん、大桃さんにお願いしました。
毎日とても忙しくて庭仕事の時間はさけないため、徹夜を続けてご夫婦でイメージをふくらませて書き上げてくれた作品3点、私がお話してきた夢、希望、イメージ以上の素晴らしい出来上がりに大満足です^o^

 キャンプ村利用者たちも、夕食時のミーティングでそのパースを見て歓喜の声を上げ大騒ぎになりました。橋の上で「ようこそ、ようこそ」迎えているのは○○さんみたい。○○さんと未来の子供がいるんじゃない?私の家はどこかしら?それは私の!(笑)とか、私の話だけでは浮かびきらなかったエコヴィレッジのイメージが鮮やかに刻み込まれた作品に、ワクワクしてキャンプ村全体、エコヴィレッジ会津高原プロジェクト全体に勢いがついてきました。大桃さんに感謝です。という大桃さんも、すでにパース内のこのあたりに自分の別荘を建てる、という構想をお持ちのようです。
 
 そんな優しい心の持ち主たちが、自然に、そして必然的に集まってきて、ロハスな暮らしを笑顔で始めていくんだろうなぁ~、って運命的な出逢いを日々楽しんでいます。

 昨日はいろいろと新しい息吹が流れ始めた1日でした。
 オーガニック栽培を始める限界集落「川衣」での住民ミーティングに参加して、おじいちゃま、おばあちゃまと今年の作付けや自然栽培の注意点などを打合せしてきました。
川衣は、木賊温泉のまだ先、帝釈山を源流にしたオーガニック栽培には最高の環境の地です。
みんな真剣に話しを聞きながら、「草や虫、土の中の見えない微生物(菌)に助けられ仲良くするなら、ムキになって草抜かなくていいし、虫を殺さなくてもいいって思ったら、それだけでも楽になった~ぁ(笑)」って、和気藹々な雰囲気で、こんな場所で作った野菜は美味しいだろうなぁ~、と感じました。一番の懸案は、お猿さんとの戦い?共存?らしいです(笑)
 それ以外にも、キャンプ村の運営スタッフ候補となりそうな方から連絡があり、明日から来てもらうことになったり、運気が高まる6月から本格的にエコヴィレッジ会津高原プロジェクトが動き出せそうな準備が一気に整い始めたように感じました。
 休みなく、走り続けてきた毎日。一緒に走り続けてくれる方が次々と集まってきて、なんだかとっても嬉しい今日この頃です。(いけや