ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

爽やかな夏の健康キャンプ村が賑やかになりました^o^

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 標高700mを超える会津高原の夏はとても涼しいです。
四方山に囲まれ、眼前を阿賀川の源流が流れる「あらかい健康キャンプ村」では、日中30度弱まで上がりますが、風は涼しく日陰や朝晩は寒いほど、嘘じゃなくていまだに毛布を使って寝ています(窓は開けっ放しですけどね)。

 それだけ森や土の調温、調湿作用がスゴイって感じます。マイナスイオンに囲まれて、療養者すべてがイキイキと暮らしています。ありがたい、ありがたい、自然の恵みにあらためて感謝です!

 夏のあらかい健康キャンプ村が突然賑やかになりました~ぁ!

 キャンプ村の広場にあらたな小さいお家が建ちました。というより、突然、現れました@o@。
昨年モデルハウスとして建てた「ほのぼのハウス」の兄弟分、ワンルームタイプの「すこやかハウス」のモデルハウス~地元「NPO法人南山匠の会」の棟梁達がそれぞれの想いで組み上げた7棟が、トラックに乗って運ばれてきました。施工時間は、1棟で約3時間!驚きのスーパーエコハウス!です。

 仕様は、ほのぼのハウス(参考:http://nanzan-takumi.org/)と同様に、大工さんの木材ストック倉庫で何年も自然乾燥させた地元産のスギやカラマツを使ったタイプ、百年前の古材マツを使ったタイプなど。壁はゼオライト入りの珪藻土を使って仕上げています。
 今は、利用者みんなで工夫してニオイを抜きながら、快適に暮らせるようにメンテナンス中です。
その日から入れるCSさん、数日目で入れた、もうすぐ入れそう、、、、と、まずまずの出来映え。
みんなのリクエストでもある、クリ(広葉樹)を内装に使った「あいづのクリ~ンハウス(仮称)」も、近日中にレポートできると思います。お楽しみに!