ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

南会津町立荒海小学校・荒海中学校合同PTA講演で「食育」のお話

イメージ 1

 7月4日、昨年末に引っ越してきた3人の息子達が通う学校、荒海小学校・荒海中学校のPTAが授業参観の後に合同で年1回開催している講演会が開催されました。
 恥ずかしながら私(いけや)が「食育」をテーマとした講師として招かれ、1時間という短い時間でしたが、小学校高学年から中学生の児童と、その保護者、約200名強の皆さんにお話させていただくことができました。感謝です。
 
 食育がテーマですが、講演タイトルはいつもの通り「環境病発症者が伝える実体験~今、子供達の未来が危ない!~家族が元気で楽しく暮らすための食育を考える」です。
 今回は、生徒さんが一緒なので、大人と子供のどちらの意識にフォーカスを合わせるかを直前まで悩んでいました。ただ、一般的に栄養学、道徳倫理、社会的な食育の話ができる学がある訳もなく、環境汚染や生活習慣が原因で、ちょっと早めに不自由な病気を背負った?というだけの事を、できるだけ身近にわかりやすく、誰もが同じ意識になる話題から、、、、、と考え、つかみは「私は食生活の改善でいとも簡単に16kg痩せられました」という戦略にしました。
 
 現在の地球環境全般の話からつなげて、化学物質、電磁波という話を受け入れてもらいやすくするために、手元にあった「チームGoGo2007(参考:http://www.teamgogo.net/)~30秒で世界を変えちゃう新聞」を配布して読んでもらいました。化学物質過敏症の少女を主人公とした地球環境の現在と未来をわかりやすく解説してくれているマンガが掲載されているため、子供にもすっと環境汚染が身近なものに感じられるからです。

 その後、「3人に1人がアトピー、アレルギー」という話題、過敏症=アレルギーと置き換えます。
生活習慣、特に食生活の乱れが原因の病気の現状、身近な有害物質(化学物質、電磁波)とは?、親子食育考などを、賞品付きのクイズを交えて子供達の興味をキープしつつ、笑いを交えて保護者さんの集中力もキープしつつと、どうにかお話を終えることができました。

 親子相手の場合の会場からのリアクションの違いに戸惑いながら、とても良い勉強、経験をさせていただきました。ありがとうございました。
また、町内でこのような啓発活動ができることを毎日願っていきたいと思います。(いけや