ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

美味しい無農薬野菜が大豊作です^o^こりゃ無駄にできんぞ!

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

 南会津町ではオーガニック推進プロジェクトが今年から始まっています。
6月あたりから健康キャンプ村で食材として使い始めて好評でした。夏になり、予想以上の大豊作に食べきれないほどの夏野菜が収穫できるほど、舘岩・川衣集落の皆さん、伊南・青柳のヒロシさんの美味しい無農薬野菜が食卓に並ぶようになりました。

 8月最後の週末、会津西街道「たじま道の駅」のオーガニックコーナー(1枚目の写真)が賑やかになりました。
舘岩の無農薬野菜が試験的に店頭販売されはじめました。私も甘いトウモロコシ、ズッキーニ、じゃがいも、かぼちゃなど、早速我が家の分として入手してきました。
今年から無農薬栽培にチャレンジしている川衣集落は、田代山の麓にある美しい源流地域の限界集落です。本当に気の良い、心暖かいおじいちゃん、おばあちゃん達が、毎日、ていねいに畑を手入れしてくれた想いが野菜に伝わったのか、とても美味しく出来上がっています。

 26日には、人気の「乾し野菜」(2枚目の写真)を体験して、せっかくの無農薬野菜を無駄にしない講習会と試食会が伊南のふれあいキャンプ場で開催されました。
イタリア料理などではおなじみのドライトマト、ナス、ピーマン。さまざまな野菜を干物用の乾しかごにスライスして入れ、3~4日で完成するというもの。
ゆうがお(白瓜)という、子どもくらいに大きな瓜を、伊南のタダハルさんからいただいて、これも乾し野菜に、料理にと活躍しました。独特のトロッとした舌触り。皮が固くて調理が大変でしたが、とても美味しかったです。

 久しぶりに晴天の「舘岩ふれあい農園(3枚目の写真)
ここでキャンプ村と我が家のお米「舘岩ふれあい源流米」を栽培しています。
今年の5月に息子達と田植えした稲も、すくすくと大きくなってくれて、来月末には稲刈りを迎えます。とても楽しみです。当然、無農薬、無施肥なので、収量は少なめだと思いますが、安心して子ども達と農作業ができるのが何よりです。

自然の恵みを無駄にせず、大切な命を感謝していただく。
子ども達に伝えていきたい、一番大切なことだと感じています。(いけや