ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

子ども達の暴力行為~過去最多の5万2756件が訴える電磁波環境の悪化

「暴力行為~過去最多の5万2756件 昨年度・小中高校生」(毎日jp
http://news.livedoor.com/article/detail/3909044/

「暴力行為全国で最小」(asahi.com~My Town福島)
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000000811210005

 イライラしての暴力行為、行動も言動も目つきも怖く感じるのは子供だけではないと思います。大人も動物も地球も、いつもイライラしている状況ではないでしょうか。
 これだけの電磁波を浴び続けて夜も眠れず、自宅で、コンビニで、ファミレスで、ましてや給食で農薬&添加物だらけの食事を摂り続けたら、生徒も先生も誰もが犯罪者になってしまうでしょう。

 電磁波過敏症化学物質過敏症、発症寸前の状態は、まさに日々がイライラの連続だったり、やる気が出ずに自己否定、社会批判ばかりを繰り返す「うつ症状」、かつてない体調不良の連続、子供は陽性でエネルギー体ですから、そんな事も振り払って学校に行くのでしょうが、やはりイライラだったり、やる気の無さは感じているはずです。

 子ども達は社会の鏡です。学校や先生、教育制度を問題にしたり、自分たちが子供の時にはそんな事なかった!今の子供は、親はだらしない!と、解決につながらない討論をいくら繰り返しても、どんどん暴力行為はエスカレートしていく事でしょう。同時に、うつ症状からの自殺者も増加するはずです。

 学校のまわり、教室を見渡してみてください。目を閉じてニオイやしびれを感じてみてください。
十数年前には無かった感覚が必ずあるはずです。今や、学校は落ち着いて授業ができる環境では無いのです。当然、電磁波を浴び続ければ、イライラするだけでなく、生命力と免疫が低下するため異常な性欲(性犯罪増)につながり、酒・たばこ・ドラッグ・コーヒー・甘い物など身体を冷やす陰性のものが異常に欲しくなります。ニュースから流れる考えられない犯罪の多くの根本原因が何か?ということに気づかれることでしょう。

 農薬や建材、食品などの化学物質の規制は進み~ニオイの無い面倒な化学物質が増えたのには困りましたが(-_-;)~無添加、安全、安心という時流にのって、少しずつながら低減されてきてはいるものの、目に見えない電磁波量は、日々増加し続け、誰もが経験したことのないほどに汚染されています。

 まずは「子ども達に安易に携帯電話を持たせない」「保育園・幼稚園・学校から周囲100m以内の携帯電話基地局の撤去や設置規制」「学校への高周波使用の電気機器の持ち込み、使用規制」など、大人が子ども達の未来のためにできることから始めていければと願っています。石川、新潟、長野・・・教育で地方活性を考える賢者達は、すでに取り組み始めているようです。
 子供を健やかに優秀に育てたいなら、親の責任としてそんな人に優しい賢者の住む町で暮らしたいものです。幸い福島も暴力行為が最小との結果、ならぬものはならぬ!の会津魂?賢者が多い町でよかったです^o^。(いけや

「小中学生に携帯電話を持たせない町民運動」に取り組む石川県野々市町
http://mytown.asahi.com/ishikawa/news.php?k_id=18000130810070001

児童生徒に携帯電話持たせない、妙高市が緊急提言へ(新潟)
http://www.yomiuri.co.jp/kyoiku/news2/04/20081115-OYT1T00071.htm