ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

悪天候と地震多発に苦しむキャンプ村利用者達

 8月に入って困ったことは、雨と地震が多いこと。
会津ご自慢の満天の星空を楽しめる夜は数少なく、雨の多い夏に洗濯、布団干しで苦しんでいるキャンプ村の利用者達です。

 さらに困るのは地震の多さ。南会津が揺れることはほとんど無いのですが、日本のみならず世界各地からの地震発生報告と、キャンプ村利用者の中で電磁波過敏症の人たち(私も含めてESセンサー4人)の体感の悪さとがリンクしていて、最近はずっ~~~~~っと船に乗って、荒波に揺られている感じが続いています(笑)

 東北、福島や宮城沖での地震もありますが、8/9東海道南方沖(M6.9)から始まった駿河湾(静岡)、伊豆などの群発地震の影響が強いのか、インドネシアや中国四川省での大地震を超える体感の悪さを訴える超センサーESさんもおります。まだまだ船酔いが続く日々に、正直なところ不安を隠せません。

 先月から予知夢を見る人(新潟から静岡までバリバリっと大断層?)がいたり、前兆を思わせる体感、指向性の強い耳鳴り、小動物や昆虫たちの異常行動も目につき、やはり、遅かれ早かれ近日中に大きな被害が予想される自然災害が発生するように思います。
過敏症の皆さんは、避難所生活が困難ですので、今のうちにせめて「過敏症でも飲める水と食べられる食料の確保」、できれば「眠れる寝袋と入れるテント(ニオイ抜きに時間がかかります)の確保~モンベルやロゴスあたりで探しましょう!」に動くことをお勧めしておきます。決して無駄にはならないと思いますから、ピピッと来た人は今からネットで、又は明日からでも行動してください。

 今年は異常に日照時間も短く、今年の米や野菜の不作が農家さん達の大きな心配ごとのようです。
地震がこなくても、安心・安全な食糧確保が困難になるかもしれません。たくさんの障害が予想されていますが、どんなことが起ころうとも焦らず、落ち着いて、前向きに希望を持って生きていきたいと思います。そのためにも「そなえよつねに(ボーイスカウトのモットーです)」(いけや