ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

10/3なずなの会運営委員会へ参加~1年ぶりに赤峰さんに逢ってきました^o^

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 久しぶりの飛行機。1年半前にやはり大分の赤峰農場へ、南会津の農家さんを連れて問答塾へ行ったきり。いやいや、チェックインや搭乗手続きが進歩していて驚いたこと。
予約チケットについたQRコード。これがすべてのチェックインにおいて、座席指定、荷物検査、搭乗と関係してきて、セキュリティを強化しているのでしょうか、浦島太郎状態@o@でした。
以前ならANAの第2ターミナルの電磁波がきつくてフラフラしちゃいましたが、今回はそれもあまり感じなくて、レンタカーも新車でしたがニオイも気にならず、ナビやETCも特に反応せずに、結構快適な旅ができました。よかったよかった。

 さて本題、赤峰さんの「なずなの会」から数年ぶりの運営委員会開催のお誘いをうけて、単身大分へ行ってきました。
会場は百姓塾や断食会でもお馴染みの「食養庵」。60名超の会員さんが全国から集まってきました。全国各地で赤峰さんの循環農法講演会を企画開催したり、問答塾や百姓塾などなずなの会のイベントへ積極的に誘って、なずなの会が目指すものを広く伝えている有志の方々です。

(参考)なずなグループが目指すもの
1.循環農法の大切さを伝え、地球上から化学肥料と農薬を無くしたい。
2.日本の穀物自給100%を目指し、食料輸入中止を訴えていきたい。
3.すべての化学物質の製造中止を訴え、ダイオキシン酸性雨などの人的公害の減少に取り組みたい。
4.自然海塩の大切さを伝え、日本中の人が自然海塩をいただけるように推進したい。
5.玄米食の素晴らしさを伝え、心身ともに健康な人を増やしたい。
6.千島学説(小腸絨毛造血説)の啓蒙
7.「陰陽」をわかりやすく伝え、楽しい人生を送れる自由人を増やしたい。

 会議は3時から7時近くまで休み無しで協議が行われました。主に、講演会開催について、これまでの活動報告や、今後、地域でどのように開催していくか?という内容でした。
その後は、懇親会が用意されて、初堀のさといも(ほくほくですごく美味しかった)やごぼう(生で食べてもえぐみ無し!)をはじめ、大人気のだんご汁、さつまあげいんげん、きゅうり、北海道の会員さんからのしゃけなどが食卓にならび、食事と会話、美味しいお酒を潤滑油に夜更けまで楽しいひとときを過ごしました。
 赤峰さんお勧めの焼酎「無敵」も、今回初めていただくことができて、美味しかったです。後味がとても甘く、いくらでも飲めてしまいました。(次々つがれ、ストレートでカパカパと飲んでしまい、さすがに飲み過ぎました。)
 
 翌朝もすがすがしい快晴!梅醤番茶をのんびりいただいて、畑見学です。
秋植えのはくさい、だいこんは小さな芽がすくすくと育っていました。もうそろそろ終わりのナス、きゅうり。穂がたれて、黄金に染まった田んぼの稲刈りも間もなく。早く新米イセヒカリを食べたいなぁ~。

 たくさんの輝く人達にも逢えて、とても充実した旅になりました。
赤峰さんの講演会は、今年のスケジュールがとれずに、聞いたら来年の7月まで予定が一杯だそうです!まいった!早くみんなと打合せして、来年の講演会予定を組まないと、再来年になってしまう(笑)とにもかくにも、それまでは新刊「ニンジンの奇跡」を宣伝して、一人でも多くの人が、安心して幸せに暮らせる社会が来るよう、日々前を向いて歩いていきたいと思います。
ありがとうございました。(いけや