ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

秋晴れの南会津で新米を脱穀^o^手仕事だとすっきり気持ちいいです。

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4

 天日乾燥させたはでがけ&穂刈りした新米を、秋晴れの今日(週末から大きく崩れそうな前に)、手仕事で脱穀作業をしました!
指導は、南会津町オーガニック推進協議会の親方である草野さん、メンバーは事務局の大西Yajinご夫妻と私(池谷)です。
草野さんの蔵にあるお宝の数々、といっても現役バリバリの農民具ですが、すごいです。日本の文化、先人達の素晴らしい知恵が集積された道具を堪能させて頂きました。

 せんばこぎ、足踏み式脱穀機、選別機、どこを見ても、何をとっても、デザイン良し、エコロジー度抜群、排気ガスも出ず、快適かつ運動にもなる、求めていた農機具でした。
時間はかかっても、人にも地球環境にもストレスが極めて少ない。お米(もみ)にもそうらしく、来年の種籾にするお米は、決してエンジンを使った機械には通さず、手作業で脱穀したお米を使わないと、発芽率が極端に悪くなるそうです。お米にも命があり、意識があるので、当たり前だと感じました。

 朝からご飯も食べずにせっせと作業しましたが、とても楽しく有意義な時間を過ごせました。
年に1度しか経験できない、貴重な米づくりの学び。来年は、生命力の強い今回の種籾達を発芽させて、きっちりとしたロハスなお米づくりを通しで学んでいきたいと思います。(いけや