ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

地球は温暖化?寒冷化?マクロに考えれば納得できるような、、、

イメージ 1

イメージ 2

 一昨晩は深夜に氷点下14度というヤフー天気予報のデータ、南会津に引っ越してきて早3年、寒さ記録の更新をしました。結構、寒くてもシモヤケにもならず、元気に暮らせるものだ、と何だか自信がついてきました(笑)
 今朝は氷点下になるかならないか、くらいの気温でしたが、とっても、とっても暖かく感じて、薄着でいられるほど。人間の順応性、環境適応性もスゴイもんです。

 地球が生命体とすれば、当然、熱くなれば冷ますし、寒くなれば温めるんでしょうね。
引っ越してくる前年、寒波で、廃校の体育館がつぶれるほどの大雪だったそうです。
越してきてからは暖冬?雪も少なく、こんなもの?と安心しきっていましたが、この冬は雪深い南会津の洗礼を受けています(笑)札幌の人が、北海道より寒くて雪が多い!と驚いた、関東のとなり「福島」の山間部。本当に信じられないほどに美しい冬景色だと思います。空気がなによりもキレイ!深呼吸をすると、身体の隅々まで生き返り、生まれ変わるほどです。とても贅沢に感じます。

 さてさて、ここ数日は天気も回復して暖かな日になりそうです。ほっと一息。
キャンプ村で療養を続けている仲間達も、凍り付きそうな朝でも精力的に掃除、洗濯、雪かきと、自ら身体を動かして少しでも汗をかき、呼吸を多くして、解毒につながるように頑張っています。
凍り付いた手先をストーブで温めながらも、「今年はシモヤケがほとんどなっていない!奇跡です!」って笑顔で元気にはしゃいでいるKさん。いつもなら、10月から手足がシモヤケで崩れて、骨が見えるような酷い冬の生活を10数年も送っていたとの事。それは私も驚きました。シモヤケの原因が「寒さ」ではない!ということが一つ判明しました。食習慣がしっかりしていたCSさんだったので、やはり化学物質、電磁波など、環境汚染を疑わなければならないようです。

 正月気分も抜けて、冬至過ぎから一気に日が延び始め、夕食時(4時半からです、はや!)には電気をつけなくても料理が判るほど夕方でも明るくて、春に向けてワクワクした毎日を過ごしています。ただ、寒さには叶わず、挨拶は「寒いね~~~~」というのが日常です。とにかくジッとしないようにして、できるだけ身体を動かし、この機会に良質の筋肉を蓄え、体温を上げる身体に変えていく、寒いからこそできる体調改善だと思います。みんな、越冬を頑張っています。元気です。ご心配なく!(いけや