ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

南会津のブロードバンド整備と物流支援が環境病生活者の自立を大きく後押し!

イメージ 1

 ここのところ、きらきらと暖かい春のような陽気が続いている南会津。アッと言う間に2月をむかえて、日々雪解け、新緑の季節が待ち遠しくなってきました。
でも、雪がたくさん降ってくれないと、また秋頃にキャンプ村が水涸れで、洗濯や入浴制限なんて恐ろしい事態につながりますので、充分緑のダムである山々に貯水できるようにもう少し雪を降らせてほしいと願っています。頑張って我慢しますから、、、。

 さてさて、嬉しいニュースをキャンプ村の住人達をはじめ、各地の環境病、過敏症発症で悩み苦しむ人たちへお届けできます!

 ひとつは、下に転載したニュース「南会津の特産品を全国一律500円の運賃で発送」です。
会津でオーガニックにつくられたお米や野菜を送って食べさせてあげたいと思っても、宅急便代のほうが高くついてしまって困っていましたが、これから全国どこでもワンコインで送れるという嬉しい支援がはじまります。

 もうひとつは、キャンプ村のある旧八総村エリアへのブロードバンド開通です。
脱電磁波とは逆行しているかのごとく感じる方もいらっしゃるでしょうが、当然、有害電磁波を極めて少なくする対策をした上で、インターネット環境が整備されますので、全国、全世界へ環境病発症によって日常生活に困った人たちへ、いち早く体調改善に必要な食材やニオイの無いケミレスな生活雑貨の品々を、安全、安心なクオリティ、かつ、リーズナブルにまとめたネットショップや環境病発症者の自立遠隔サポートの低額提供、すなわち、今まで私達が温めてきた誰もやっていない「環境ビジネスの立ち上げ」がやっとできることになります。

 それによって、キャンプ村で療養している方や南会津へ定住希望の方・地元の若者達など地域雇用を求めている方達に、仕事=収入を提供できるようになります。嬉しいニュースです。南会津町湯田町長はじめ、町議会議員の皆さま、役場の皆さま、応援いただいている住民の皆さま、本当に感謝しております。

 この小さな施策が、世界を大きく変えていくきっかけとなるように、何があっても命を懸けて南会津エコヴィレッジ化、オーガニック推進、世界が注目する町となるよう頑張っていきたいと思います。(いけや


会津の特産品を全国一律500円の運賃で発送
http://www.minyu-net.com/news/news/0201/news11.html

「手ぶらdeワンコイン事業」では、南会津の特産品の詰め合わせが可能。重量が30キロ以内なら全国一律500円の運賃で発送する

 南会津町は31日までに、同町の農林産物を含む特産品などを全国一律500円の運賃で発送できる新物流システムを構築した。「手ぶらdeワンコイン事業」と名付け、町内の協力店約30店舗で1日からスタートする。
 町民や観光客が町内で生産、加工、販売されている物産品などを協力店で購入、宅配便で発送する場合、品代と同時に運賃500円を払う。正規運賃との差額を町が負担、無料で梱包(こんぽう)用の指定段ボールも用意する。重量が30キロを超える荷物は10キロごとに250円が追加される。クール便の割増料金はなし。
 鉄道利用の観光客は土産を手軽に発送、手ぶらで観光を楽しめるようになる。町内の物産品などの売り上げ向上による地域経済の活性化、個人農家や直売所の新たな収入への効果も期待される。
 町総合政策課は「新たな販路拡大ができるように後押ししていく。詰め合わせのお土産開発にもつなげたい」としている。
 同事業の趣旨に賛同すれば町が協力店として登録、事業をPRするのぼりとともにさまざまな情報を提供する。
(2010年2月1日 福島民友ニュース)