ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

雨降って地固まる、雪降って渇水の心配遠のく?

イメージ 1

 春が近い!と言い聞かせてきた3月。

 快晴で暖かく雪が溶けては、夕方から降雪があって、翌朝には一面の銀世界@o@のくり返しが、すでに?回。でも、確実に降り積もった雪のかさは減って、地面からは寝起き頭のような草たちが、新しい芽を出し始めています。

 今朝はとっても、とってもきれいな景色を楽しませてもらいました。
すみきった青空、木々にはちょっと湿った雪が化粧をして、地面から山裾にかけて靄(もや)が薄くかかった光景にうっとりしながらしばし眺めていました。朝日に照らされ輝いている山々が、なんだか大きく深呼吸をしているかのような「春の息吹」を感じて、うれしかったです。

 スキー場には恵みの雪が週末を前に降るこの頃。南会津も守られていますね。レジャー依存率が高い中山間地域の経済にとって、とても助かります。
 まだまだスキー、スノボー、充分楽しめることでしょう。ここのところの景色が一番のお土産かもしれません。山頂からの景色は、大自然の恵みを堪能できることでしょう。

 キャンプ村も、もうすぐ春モードへ切り替えです。

イメージ 2