ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

さよなら白熱電球~21世紀はやっぱりLED電球なのか?

 2012年にむけて、着々と白熱電球をこの世から消え去らせようとしていますね。

 燃費は悪いかもしれませんが、一番自然に近くて、人にやさしい明かりだと言われているのに、どうしても日本は必要以上に明るい空間を求めるのか、蛍光灯も何十本と店内に並べている光景は、欧米の人たちから見れば、とても奇異に映るにもかかわらず、地球温暖化というテーマのもと、一つの発明が環境保護という観点から消えていきます。それより先に、コンビニや家電量販店の電灯数や電力量を減らしたり、家庭での間接照明、節電の良さ、やわらかで薄暗いだいだい色の空間の癒し感を伝えていくことがよろしいか、とも感じている今日この頃です。



 キャンプ村でも、最近、キッチンや新管理棟の電球をLED電球に取り替えて、私も含めて電磁波過敏症患者さんの反応を観察しています。

 私自身は、白熱球より若干強い反応があります。電場というより、何か高周波的な感じです。
ただ、消費電力は1灯あたり約5-6Wと、1/10だったりと考えると、電力量を極めて少なくすることでの曝露低下=電気料金減(節約)を目指すにはよろしいかと割り切っています。

 もう少し安くなると、助かります。(いけや



アイリスオーヤマが低価格(1,980円、これまでの約半額@o@)でLED電球市場に参戦!
いいじゃないですか。