ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

「水銀」の人体への影響~知れば知るほど恐ろしいですね

米国で販売されるすしネタのマグロ、制限量超える水銀


【4月21日 AFP】米国の料理店やスーパーマーケットで売られているすしネタのマグロを調査したところ、含有される水銀が摂取量制限を超えている例が多いことが明らかになった。調査対象のマグロにはクロマグロも含まれている。

 調査は、ニューヨーク(New York)州、ニュージャージー(New Jersey)州、コロラド(Colorado)州の料理店54店、スーパーマーケット15店で売られていたやトロのすし100個を対象に行われた。マグロの種類をDNA試験で特定したうえで水銀含有量を調べた。

 米環境保護局(US Environmental Protection Agency、EPA)によると、摂取しても人体に有害でないとされる水銀の摂取制限量の目安は1日に、体重1キロに対し、0.1マイクログラムという指標が一般的だ。

 体重60キロの女性を想定し、この指標に基づいて計算したところ調査したメバチマグロのトロでは平均0.351マイクログラム、赤身では0.344マイクログラムと制限量を超える数値が検出された。またクロマグロでもトロで0.123マイクログラム、赤身で0.180マイクログラムと超えていた。入手されたすしネタのうち、キハダマグロは赤身しかなかったが、これも0.164マイクログラムだった。

「調査したマグロのすしネタすべてで日本政府や米環境保護局が制限摂取量としている水銀含有量を超えていた。特にすしネタに最も使われることが最も多いメバチマグロの平均含有量は、1個食べるだけで、世界保健機関(World Health Organisation、WHO)や国連食糧農業機関(Food and Agriculture Organisation、FAO)が妊婦に注意を呼びかけている摂取量を超える」とEPAでは報告している。

 水銀の過剰摂取は知能発育不全や脳性まひ、視力喪失などの神経発達障害を引き起こすことが知られている。

 米自然史博物館(American Museum of Natural History)のチームによる今回の調査結果は21日、英専門誌「バイオロジー・レターズ(Biology Letters)」に発表された。(c)AFP

以上、転載終わり**************

「調査したすしネタすべてで!」というのがビックリ@o@というか、やっぱり(-_-;;)というか、「水銀」と「健康被害」について、もう少し真剣に考える時なんでしょうね。もう医療費が限界*O*/
でも残念ながら日本のメディアでは、こんなニュースを大きく扱うことはないでしょう。

様々なアレルギーだけでなく、老人から若年まで一億総痴呆症(認知症)時代ですが、痴呆の原因もしかり、自閉症狂牛病なんていうのも水銀原因だったというのは常識になってきたようです。

大きな魚類(クジラ、マグロetc)に水銀が多量に蓄積されるのは当然なのですが、有害重金属や化学物質は「脂肪」や「筋肉」などに蓄積されると言われているので、肉類や乳製品だって同様に汚染されてしまっていて、安価で手軽な動物性の食品を摂取し続けることの健康被害、人体への危険性から身を守るには、正しい知識をもって、食を担当する親、女性達が家族の健康を守るべく自己管理、自己防衛でリスク低下させるしか方法はないのだと感じます。

といっても、食べたい人は関係なく食べるのだと思います(笑)
マグロ大好き、お肉大好き、水のかわりに牛乳を飲み、御飯のかわりに甘くやわらかいお菓子やパンをたべ、虫歯だらけの口内にはアマルガム(水銀)満載、毎日たくさん水銀を知らずに摂取して、物忘れが激しくなり、やる気を失い、花粉症になり、金属や食品アレルギーで身体に影響が出始めた時は、既に手遅れ、、、、。病に倒れるまで食べ続け、飲み続けさせられる奴隷となった現代人。

恐ろしい時代です。私もその一人だったので、偉そうに言えませんが、家族を養っていかなければならない人は、本当に厳しい人生のどん底に落とされてしまいますので「転ばぬ先の杖」、肝に銘じて、共に暮らしていきましょう。

前にもブログで紹介した「ワクチン」にも多量の水銀が含まれていて、子ども達の未来が危険!と危惧しております。情報はご自分で正誤判断されて構いませんが、自分一人の命ではなく、運命共同体であることを意識すると、このまま岸壁に向かって走り続ける今の世の中にちょっと不気味ささえ感じます。



金融危機から連鎖する国家デフォルト、経済混乱、戦争リスクといった人災のみならず、アイスランドの火山噴火、日照不足による冷害、食糧飢饉につながる天災まで、さらに待ちかまえる困難の数々・・・・・・

これから吹き荒れる「大きな嵐」に対しての覚悟、「備えよ常に」(ボーイスカウトのモットーです^o^いけや