ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

オーガニックな高野の七人^o^ ほっこり棚田で無農薬米を田植えしました

 南会津町オーガニック推進協議会の仲間達で、田島の高野(こうや)に借りた小さな棚田で、今日、田植えをしました。

 親方である草野さんの掛け声のもと、急遽招集されたメンバー達。まずは「くろぬり」という、田んぼの周りを泥で固めて、水持ちをよくする作業から始めました。

イメージ 1


 暑くもなく、寒くもない、丁度良い曇り空の穏やかな日曜日。藤の花がきれいに咲き出した、谷筋に広がる棚田は、とても気持ち良い空間でした。
そんな、ずっと荒れていた田んぼを今年から借りてもらい、草野さんご夫妻にご指導いただきながら慣れない手作業での田植え準備です(笑)

イメージ 2


 「なんだか忘れていた感覚があって、めちゃ気持ちいいんです」
今年からオーガニック推進の乾燥野菜プロジェクトメンバーとなった岩崎さん。
東京から「四季を感じる生活をしたくなって、、、」と、南会津に転地してきた彼は、裸足で手直し作業を気持ちよさそうにしてくれました。

イメージ 3


 昨年の事務局スタッフ、Makoさんはコンパクトな田植え機の使い方を親方から習って、すぐにマスターしていました。野人の奥様、野女と呼ばれるだけあって、山奥での自給自足生活には違和感なくすんなりはまっています。バイタリティ溢れる、オーガニック推進チームのリーダーです。

 さて、週開けは6月。週末の5日は2010年度のオーガニック推進協議会総会が午前10時から会津山村道場で招集されます。午後からは、親方が借りてくれた残りの田んぼの田植えもあります。お暇な人はご一緒しましょう! 
 年に一度の学びですから、親も子ども達も一緒に「命と食に向かい合う1日」として、是非、授業参観のように学校教育に採り入れてもらいたいものです。


 さてさて、エイヤフィヤトラヨークトルの噴火でヨーロッパ各地の空港が閉鎖され、ジェット気流に乗った噴煙の影響を心配していましたが、今年、来年と火山噴火による日照不足がさらに心配されるニュース~アイスランド「魔女の火山~カトラ火山」も警戒レベル@o@~が出たようですし、中南米でも火山がドッカンドッカン、という状況から、世界的な冷害、農業ダメージはほぼ確定のようです。
日本では天明の大飢饉以来の冷害?になると噂されるほど、要注意の環境変化のようですから、

 口蹄疫の影響で動物食も大きなダメージが心配されています。私もキャンプ村も玄米菜食なので、肉、卵、牛乳、チーズetc、動物性食品が無くても全然大丈夫なのですが、やはり高価になったり、食卓にならばなくなると、みんな寂しくなりますよね。

 各国、自国の食糧確保を優先するので、輸出入バランスが崩れるような噂もしかり、農薬、化学肥料の原料なども以前の中国の例もあって、入手しにくくなるとの事。オーガニック栽培には関係ないことですが、とにもかくにも今のうちから準備して、少しでも多く米や野菜を作付けできるところには頑張って、できるだけ食糧の確保をはかっていきたいと思います。皆さまも、備えあれば憂い無し、食料備蓄をはじめましょうね。(いけや