ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

夏至間近~あらかい健康キャンプ村^o^最新情報です!

イメージ 1

 早いもので、6月も半ばにさしかかり、もうすぐ南会津に移住して3度目の夏至を迎えます。
5月初旬まで雪がちらつき、今年はどうなることか?と思いましたが、あっと言う間に枯れた山は新緑に染まり、一雨ごとに草花は輝き、背丈を伸ばして、小鳥たちが朝晩とコーラスを響かせるマイナスイオンが充満した森へと変化してしまいました。大いなる自然の力に感動です。

 さて、健康キャンプ村の転地療養シーズン、5月の雪解けと共に始まりましたが、農繁期となるこの時期が一番問い合わせや利用申込みが集中します。施肥、除草剤、野焼き、生業の中での農作業が、一気に発症者の生活を苦悩させ、呼吸すらできない環境へと一変させてしまうため、受入側も真剣勝負となる毎日が続きます。

 現在は、越冬組6名に加えて、関西から療養にやってきた大学院生のKくん、東北への療養転地を相談にやってきたIさん親子と、9名+私&キャンプ村スタッフの布陣です。

 越冬組は、新緑のエネルギーを身体一杯に浴びながら、冬から春、そして夏へと心と身体が季節と共に呼応するよう「食と命」に向き合って、今、どこをどう修復していて、次はどうなる?ここが修復を始めて、こうなりそう?という心と身体の声が聞こえはじめたようです。そして、長い間、身体を蝕んできた有害物質が排毒され、細胞ひとつひとつが活性化して、さらなる修復をしていることに気づく方が多いです。ここ半年の体調や心的な変化によって、肌の色、表情が変わり、オーラというか雰囲気(立ち姿、話し方etc)が変わっていきましたので、今年こそ再生しよう!と、スタッフ一同、願い続けていきたいと思います。

 明日13日は、はるばる岡山からHさんが昨年秋に一旦休止(冬期は岡山へ戻って)し、再避難療養にやってきます。20日に神奈川から10月までの長期療養希望が1名、その後、1週間の短期1名、秋まで1名と、次々と予約組がキャンプ村へオアシスを求めてやってくる状況です。

 同時に利用開始の方を複数受け入れてしまうと、様々な問題が発生するため、1週間に1~2名、せめて3日間はインターバルをとった受入をしています。到着と同時に、様々な要因(気候、高度、酸素量、リラックス度、養生食etc)によって排毒が始まり、排便や排尿だけでなく身体(皮膚)、呼吸などすべての解毒浄化器官を最大限に活用したリフレッシュを身体が自動的に行うようです。ですので、好転反応あり、体調や食欲、精神状態などの観察が必要になるので、できるだけトラブルが重ならないように配慮しています。

 ほぼ定員一杯の中、7月以降も予約を希望する方に具体的な利用開始をお待ちいただいている状態ですので、今すぐにでも避難してきたい方やご家族の皆さまにご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。一日も早く、全国各地にこのような転地療養施設ができるように、日々願い、志ある方には積極的な行動と無限の支援体制を伝えているのが現状です。皆さんも朝晩1分でもいいので、是非、健康キャンプ村が全国に設置されるように天にお願いしてくださいね。


 環境的な状況について~季節の変わり目、特に夏至冬至春分秋分などの前後2週間(トータル1ヶ月)は、自然エネルギーが強まるとの事で、ES反応に類似した反応(偏頭痛、肩こり、のぼせ、気管障害など)も確かにありますし、ここのところ、地震や火山などの活動期であったり、太陽風や磁気嵐なども影響するため、今しばらくの辛抱が必要となっています。ケムトレイルはどんな対処もできないので諦めていますが、あまり屋外にいる時間を長くせず、リラックスした室内で楽しい時間を過ごすようにしています。どうにか乗り越えて、元気になってもらえるように日々願っています。


 もうすぐ次なるプロジェクトも始動する予定ですので、追って最新情報を報告していきたいと思います。キャラクターデザインや商品開発など、キャンプ村での食事・歓談時間や調理時間をフルに活用して進めています。
 夢と希望が満載の「エコヴィレッジ会津高原プロジェクト」にしていきたいので、楽しみにしてください。(いけや

 
*緊急避難についてのご相談は随時受付しています。諦めずにご一報いただければと思います。
ご自愛くださいませ。