ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

斉藤一人さんの講演CDから「病気になる人生」「幸せな人生」を笑いながら学ぶ

最近、ご無沙汰していた友人に、南会津オーガニック推進協議会の生産者さんの野菜やそば粉、なたね油、新米などをやまはく宅急便で贈りました。そのお返しにもらったのが、斉藤一人さん(以降、ひとりさんとします)の講演CDでした。

不勉強で知らなかったのですが、ひとりさんは「スリムドカン」の大ヒットで有名な「銀座まるかん」(銀座日本漢方研究所)の 創業者。1993年から全国高額納税者番付(総合)の10位以内にただ一人、10年連続で入っている方で、2003年には「累積納税額」日本一(173億円!?)になられたとの事。

どんな方かと興味津々で届いた3枚のCDを聞きに入ると、もう最初から大笑い、クスクスではなくて、ハハハハッって声を上げて笑ってしまうほどの楽しい話が満載でした。半日で一気に聞いてしまいましたが、ひとりさん「百回聞いてください!」と言われているので、車やiPodで毎日聞いて笑っています(笑)。

話の内容は、成功哲学自己啓発というジャンルで紹介されていますが、スピリチュアルでありながら、現実の生活に則した「方便」を説きつつ、本当にシンプルに宇宙の法則をベースとした例え話を通して、幸せな人生へと導いてくれるものでした。これを、チャキチャキの江戸言葉噺家さん顔負けの話術で聴衆をグッと引き込んでいくんです。まぁ、スゴイです。テンポ良く、とにかく楽しいし、ストレートで気持ちイイです。まぁ、文章では伝わらないので、聞いてみたい方はフリーでMP3ファイルをダウンロードできるサイト「ひとまとめ斎藤一人」がありましたので、のぞいてみてください。
気に入ったらボランティアCDをお求めになってもいいと思います。


いただいた講演CDを要約するとすれば、「人生は生まれてくる前に自分が決めた事しか起こらない。だから自分に超えられない訳がない。道は自分の道しか歩けない。だから大概のことは我慢しな。ただ、我慢しすぎると自分が壊れる、我慢しないと人間関係が壊れる。なんでも限度があるから、怒るときは怒る、逃げるときは迷わず逃げる、逃げられない時はちょっと転化して楽しい方向へ変える。」

「人は全員、幸せになる権利ではなく、義務がある。今、幸せじゃない人は、必ず「地獄言葉」を使っている。「ついてない、ゆるせない、不平・不満、悪口・陰口・愚痴、泣きごと、心配ごと、etc」そんなことばかりを言って、ふてくされた人生を、自分で招いている。」

「幸せになりたいなら、言葉を変えなっ。天国に導かれる8つの末広がりの言葉「天国言葉」
「ついてる、うれしい、たのしい、しあわせ、あいしてる、ゆるします、感謝します、ありがとう」
やってみればわかるけど、確実に自分も周りも良い方へ変わっていく。宇宙はシンプルにできている。」のような感じだと思います。


その中で、「病気になる人」についてのお話がありました。

病気になる人は、許せない人。親や兄弟、誰かを許せない、めぐって、自分自身を許せない人。

ガンになる人は、頑張り屋さん、頑固な人。やまいだれに品物の山と書いて「癌」と書く。ろくに働いていないのに3食は食べ過ぎ、運動不足(歩かない)、後ろ向きな人。

ぜんそくになる人は、祖父母や親に怒鳴って怒る家庭で育った人。息も吸えないほどの怒り=毒を、子どもが浄化するために、その毒を吸う。それで、ぜんそくアトピー、アレルギーになる。

リュウマチは、恨んだり恨まれたり、憎んだり憎まれたりしている人。

頭痛は「親、兄弟や上司など目上の人」と、首痛は「人間関係」、腰痛は「子どもや部下など目下の人」への怒りや不満が原因。

地獄言葉をやめられない人は「劣等感」の塊。自分の劣等感を子どもや家族、部下などに怒りや不満としてぶつける家庭に育って、それを代々受け継いでいる。断ち切るのが大切、などなど。

「病気になる人」マクロビオティックでも、よく聞く話ですが、身体の原因はわずかで、大半は意識や考え方、生活習慣にあるようですね。笑いの中にも反省すべき点が多数散りばめられています。


「夢」「魅力」「奇跡」「道」「因果」「達人」「ダメな男」たくさんの楽しく、ためになるお話がありました。
ただ「幸せのものさし」は、それぞれだと思うので、ひとりさんは上手に、聞く人(魂)のレベルに応じた「方便」をつかっていましたね。貧乏で苦しんでいるのなら「幸せ=お金」という段階の人もいるでしょう。もっと、もっと、と欲張ってしまう、さまざまな煩悩に苦しんでいるのなら「幸せ=開放、自由」の段階の人も、欲、未熟さを知り、足を知ることを気付いて、次元アップするような、何かが起こるのかもしれません。

自分の望む良いことが、本当に良い方向なのか?良くない方向に進んだ時に、望んではいけないための「気づき」なのか?心の声、「真我」からのお知らせを受け取れる自分でいられるように成長するのが、まず幸せへの一歩なのでしょう。心のワイパーをフルに動かせる自分でいたいですね。

今を幸せに感じて、毎日しっかりと生きること。自然の中で、感謝して、日々満足して、心静かに生きれる贅沢。
化学物質や電磁波の極めて少ない不便な生活環境に私たちが感じる幸せ(天国)は、他の人は耐え難い「不幸せ(地獄)」なのかもしれません。


あなたの「幸せのものさし(価値観)」は、どうですか?(いけや