ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

地震による燃料枯渇が深刻な事態になりつつあります

会津でも周辺のガソリンスタンドでは「ガソリン・灯油完売」という手書き看板が立ち並ぶようになりました。情報としては、東北エリアの70%を供給してきた仙台の製油所が被災したとのことで、今後、関西方面からの搬送を計画しているらしいのですが、1週間程度は燃料が足りずに、自治体や緊急車両などが優先され、一般車両や一般家庭への供給量は極めて少なくなるとの事。

寝泊まりしているキャンプ村からパソコンのある家までの移動で車を使用しているため、残りのガソリンを節約する必要がでてきました。
暖房はペレットストーブを今年から採用しているため、備蓄は5月初旬まで用意してあります。電気が停まらない限り、どうにか食堂(1部屋)だけは暖かな部屋を確保できそうです。みんなで支え合った避難生活を目指したいと思います。


尚、ガソリン節約のため、ブログ更新やメールチェックが、不定期になります。
キャンプ村への電話(0241-66-2270/アナログ回線)は大丈夫だと思いますが、ファックスは東北電力計画停電を予定しているとの事ですので、たまに送受信できない事もあるかと思います。
急ぎの連絡が必要な際は、メールより電話のほうがありがたいです。


さらに困っていることの一つとしては、宅急便も停止しているので、食糧配送が停止中です。
皆さんから何か必要なものがあれば送ります、と暖かい応援メールをいただくのですが、すべての配送手段が停止している状態です。電車も野岩鉄道が止まっているとの事で、人力配送も不可能。
お気持ちだけで嬉しいです、感謝!とお伝えしてきました。

先ほど、南会津町役場の協力で、隣県自治体支所へ食料宅配の留め置きをお願いすることができましたので、今週の首都圏の状態(物流作業、計画停電、事業所閉鎖etc)にもよりますが、どうにか注文品が届けばいいなぁ~、と願っております。
どうあれ、生鮮野菜は減ってきてはいますが、乾物、お米を含めて食料ストックは、節約メニュー対応で今月末くらいは大丈夫だと思います。ご安心ください。


明日からは、町内スタッフ通勤も燃料確保ができるまで不可能であると判断して、キャンプ村メンバーでの細々生活をしていく感じです。まぁ、みんな前向きで元気です。笑い声も絶えず、めげてはいないので、心細くはありますが、どうにか乗り切っていきたいと思います。(いけや