ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

明日にかけてのスーパームーンが地球に及ぼす影響予測と大切な意識

福島県会津の今朝は快晴、午前7時過ぎには空一面に鱗状の地震雲が観測されました。
キャンプ村の気温はマイナス5度で、今日は、これから10度近くまで暖かくなってくれるとの事。

キャンプ村で転地療養を続けている8名は、昨日、懸案の食糧も無事、隣県町役場から引き取ることができて、みんなで荷下ろしして、仕分けしたり、湯がいて冷凍保存したりと、笑顔で助け合いながら暮らしています。本当に暖かな支援、応援に感謝です。

燃料不足はさらに節約を重ねて、たくさん重ね着して、湯たんぽで頑張って乗り切りたいと思います。
これから一気に雪が溶けて、春らしくなるんでしょう。ひだまりでのんびり春からの動きだしを考えたいと思います。

さて、表題の気になる事。
ネット上の地震前兆サイトなどではもっぱら話題の「スーパームーン」と自然災害影響。
確かにこれまでの大規模な地震や噴火と月齢は、地球へ密接かつ深刻な影響を与えることが報告されています。

現在は、1)「房総沖の震源域」が一番ホットな予測ポイント、次に、2)「富士箱根伊豆火山帯(新潟から伊豆諸島)と乗鞍火山帯の活性化による地震または噴火」という説、3)「東京湾直下」という考えたくもない震源域、とされています。

決死の覚悟で福島原発が地球に及ぼす悪影響を最小限に抑えるべく、「Fukushima50」を世界から称賛されている名も無き決死隊の皆さんが、昼夜を問わず命を懸けて注水をし、放射能拡散や爆発を1秒でも遅らせようと頑張っています。(追記:カレイドスコープ掲載のFukushima50情報)

深刻な影響が追い打ちを掛けないように、本当に心から何事も起きないように、天に祈り続けたいと思います。



さて、スピリチュアルな話題も少し触れたいと思います。

インターネットでは、被災した方々への追悼、何かしてあげたい、という「暖かな心の結いの環」が広がっている反面、HARRPなど地震兵器による人為説が飛び交い、国や自治体の対応批判、火事場泥棒ならぬ被災地での盗難や略奪、自分さえ生き残ればという横柄な買い占めや逃避など、アセンションできないレベルの低い波動をまき散らして、生き地獄からそのまま本当の永久の地獄へ直行してしまうべく、可哀想な魂達の様子、本性も明らかになっています。まさに、運命の別れ道、ベールをはがされた魂達の踏み絵状態です(笑)

もし、あなたが、今、この状態であっても、利己(自己中心)的な意識を「利他的」に変えられずに、誰かへの不平、不満、愚痴、泣き言を言い続けているのなら、その低い波動のために永久の地獄行きを覚悟しなければなりません。

たくさんの尊い命が、自らを犠牲にして「世界中に散らばったアセンションの使命(魂)を持った人々へ、強いインパクトと共に気づきと行動するサインを送るための必然的な時」であることに認識するべきだと感じます。

地球が喜ぶ選択、すべての生命が喜ぶ、持続可能な選択を、今、心に決めて行動する!という事。もう、大量生産、大量消費、大量廃棄の20世紀型、破滅型の生活習慣にピリオドを打つ!という選択をする時なんだと思います。それを決めない限り、復興は進まず、第2、第3の気づき(大災害)が次々と天から届くように強く感じるのです。



肉体には寿命があって、生まれてくるときに、それを知った上で使命(目的)の達成のために生かされるのが、この世での修行であり、「魂こそ自分自身」で、「魂は永遠」である、という宇宙の法則があるそうです。今回の震災で命を失った方も、この大儀を終えて、天国で私達の事を笑顔で出迎えてくれるための準備をし始めているはずです。必ず成仏できる高い霊性を持った魂。

私自信、今、大切なことだと考えるのが、目の前に起こっている事、自分や家族に降りかかっている現実を直視して、日常から離れ、停まった時間の中で人生を振り返り、「地球が喜ぶ選択、すべての生命が喜ぶ、持続可能な選択をしてこなかった自分」に、「本来の使命を忘れ、また、一旦脇に置いてしまって、目先の欲や誤った価値観のために心と身体、そして、地球を痛め続けてきた自分」に深い反省をした上で、「心安らぐ選択、子ども達、孫達に残したい地球の平和で心地よいイメージ」を膨らませて、それを他の人々に伝え、共感を広めていくことだと考えます。

数年前から3次元と5次元のパラレルワールドに入って、想念が現実となる5次元に近づいている今、みんなの夢と希望に溢れたイメージが、すぐに現実化する事、いつの間にか、自分がイメージした幸せを感じる生活の中に自分がいる!という時が近づいているとも感じます。

とても大切な時が刻まれています。1分1秒を大切に、笑顔でいられる、心安らかなポジティブな自分でいられる時間を、意識して創り出していきましょう!(いけや