ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

新しい時元への執行猶予~覚悟はできましたか?って心に浮かぶ日々

イメージ 1
早いもので、激動の3月も過ぎ去ろうとしています。

今朝は、6時頃に晴れていた空が一転して厚い雪雲に覆われ、7時過ぎには吹雪のような状態の南会津です。なんだか、3月11日の震災の時も、一転して強い風と雪に変わった後でしたので、ちょっと心配になります。南会津放射能測定値は、変わらず0.09マイクロシーベルト。いつも同じなので、壊れていないことを心から祈っていますが、、、(苦笑)。那須連山と神風に守られるでしょう。大丈夫です。

気温は朝方も1度ほど、氷点下でない朝は、とても暖かく、布団の中は暑く(笑)汗ばむほどです。
三寒四温、まさに、春に向かって確実に進んでいます。「春遠からじ」ですね。
キャンプ村の面々は、変わらず元気に助け合って暮らしています。
震災後は、食欲不振という訳ではなく、節食、腹8分~6分目のほうが「身体が調子イイ!」という事実に気づいたらしく、あれほど「どんぶりでご飯に味噌汁は食い過ぎ!(笑)」って注意していたのに、ここにきて、やっと耳を傾けてくれるようになりました(笑)

放射性物質も同様ですが、そもそも黄砂や花粉にくっついた硫酸塩、有害な化学物質や重金属類がたくさん飛びまくっている季節です。目がガシガシしたり、咳き込み、タンやくしゃみ、呼吸器は悲鳴を上げています。解毒、排毒促進し続けるように、できるだけガードして、洗い流すこと。食物繊維の多い和食を美味しく、かつ、少なめにいただくこと。免疫を下げないように、心地よい空間で心静かな時間を過ごすことetc。
過敏症さんにとっては、いつも通りのデトックス優先生活ですから、苦しいとは思いますが、頑張って笑顔で乗り切りましょうね。


放射性物質の危険性ですが、同じ発ガン性物質(IARC発ガン性リスク一覧)のグループ1には、喫煙とか、日焼けマシーンによる紫外線とか、日常生活の中に当たり前にある化学物質も多いことを知っていますか?たばこも、放射能も同じ発ガン性レベルに位置づけられています。

また、内部被爆の危険性が報道されています。でも、枕元の携帯電話や24時間拡散しっぱなしの中継基地局や各家庭や事務所の無線LANのほうが、発ガンリスクが高いように感じるのは私だけでしょうか?

ここ福島に暮らす私達にとって、半農半Xを目指す私達にとって、生活環境、水や大気のみならず土壌までの汚染は困ったものです。風評被害はもっと困ったものです。須賀川では有機農家さんが自殺までされてしまいました。

とにもかくにも、困り切ってしまうまえに、まず、深く反省し、謝罪をして、武士道の日本人として禊ぎする人は腹でも切ってから、次なる地震や噴火、太陽エネルギー影響が発生する前に、すべての原発を停止しましょう。今の日本の技術なら、小規模発電を中心に、太陽光、地熱、小型風力・水力、バイオマス発電等を一気に設備して、社会基盤と経済復興も兼ねて、日本企業を主体に立て直すことが早期にできるでしょう。

さらに、世界に先駆けて環境共生をベースにした「日本再生方針」をきちんと国民目線でわかりやすい言葉で、行動計画をもって構築していけるように、次世代の国をしょって立つ使命を与えられている若き人々は、闇に支配されてしまった政治屋さんが地獄へ一蹴された後に、すぐ立て直しにかかれるように、準備を進めてくださいね。


さて、強めの地震前はいつもそうですが、台所や風呂場などの排水口からの臭いがとても気になるのか、自身がニオイ過敏になるのか?頭痛やまぶたの下がり、カラスの警戒鳴き以外にも、わかりやすいサインを幾つも示してくれるように感じます。

最近は、これだけ毎日のようにM6クラス、震度4~5程度の中規模地震だと何の警戒も出されなくなってしまって、11日の前にあった三陸沖M7.2の際の津波警報が空振りに終わってしまって、オオカミ少年になり、誰も前兆情報や警報を信じなくなってしまった後に来る「本物の災害」。
何だか、試されているようにも感じます。「覚悟はできましたか?」って。

新しい時元、多次元であり、リニアルではなく時間軸に沿って、心の様のままに今を生き続ける世。
立て直しが次々と始まる時、心の軸をどこに置くかが大切です。その心に映った、浮かんだ世界に、いつのまにかあなた自身(魂)が引き寄せられるそうです。誰も変わってあげられない、誰も助けてあげられない、とても個人的なイベントらしく、卒業試験のような感じです。

「覚悟はできましたか?」って、何度も心に浮かびます。
とりとめもないスピリチュアルな内容でゴメンナサイ。(いけや