ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

あらかい健康キャンプ村~今春からの受け入れについて

4月に入って春の陽気になりました。昨日は明け方マイナス5度、日中は15度近いポカポカ陽気。
陽当たりの良い食堂は、ストーブも弱めについていましたが、24.5度と常夏の島状態@o@
窓を大きく開けるのも躊躇しましたが、換気をしつつ、汗をかきかき、春の到来を喜んでおります。

転地療養、被災者避難のお問い合わせや予約申込みが続いておりますので、現状をお伝えします。

原発災害による放射能汚染次第ではありますが、雪解けも進んでおり、気温も着実に上がってきていますので、今のところ予定通り、4月中~下旬からの受け入れを考えています。

ただ、昨日も3歳と6歳くらいのお子さんを連れたお母さんが、いわき市からの避難で、栃木へ一旦避難したが、やはり新学期が始まるので、もう少し山間へと「南会津」に避難を希望されていて、お子さんがアトピーとアレルギー、お母さんがシックハウス気味ということで、自然食材、無添加生活をされているので、キャンプ村へ食材や避難の相談をされに見えました。

お家は町内の空き別荘が借りられそうとの事でしたので、キャンプ村の不便な生活を二人のお子さんに強いるのは可哀想、と思っていた私はホッとしましたが、福島県内において、会津地方、特に、南会津町などへの避難希望や問い合わせ、相談が今後増加するとの事もあって、キャンプ村としても環境病の被災者世帯優先とする予定です。

といっても、まだ朝晩は氷点下になりますので、校庭にも雪が積もったままで、すこやかハウス利用まではもう少しかかりそうです。受け入れまでの間、事前のご相談、予約申込みを電話、ファックス、メール等で受付しながら、逐次、情報を発信していきます。

よろしくお願いします。(いけや

イメージ 1

イメージ 2

イメージ 3

イメージ 4