ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

嬉しい援助物資が届きました^o^みんなで力を合わせて乗り切りましょう!

イメージ 1

快晴が続く南会津、残雪が今週で一気に消えて、若葉がひらきだす気配です。
暖かなお日様、澄みきった青空、本当にこの国難の中で、生かされていることに感謝です。
ありがとうございます。

昨日、NPOの仲間、岩○兄さんからとても嬉しい援助物資が届きました。
待ち望んだ「放射性物質測定器(簡易線量計)」です。そのほかにも、ヨウ素や海産物、ドライフルーツ、自然塩など、放射能被爆に効果のある自然食品も一緒に詰めて贈ってくれました。心から感謝です!

さっそく、昨日は線量計を持って放射能測定開始しました。
報道の通り、南会津の0.09マイクロシーベルトは間違いではないことがわかりました。良かった。

大気中の放射能測定以外では、これからテストしたいと思います。
人体や食品などについては、表面的、かつ、シーベルト単位でのガンマ線をメインとした測定になります。
アルファ線など、紙一枚でもシールドされてしまうような放射線や、セシウムなどの放射能物質測定は、これらの機器では困難ですが、何もない状態で、ただ不安になって、外出を控え、食べる物が枯渇していくよりは、有効な参考値にはなるはずです。

私達、環境病を発症している人々にとって、必ず近未来に迫る「食糧危機」に対しての準備と覚悟が必要と感じています。
無農薬、無化学肥料、無添加、という、これまでも少数派だった食品群が、さらに入手困難になっていくことは間違いありません。

健常者であっても、何でも食べられるからと言って、中国ですら「毒菜」と呼ばれ、地元の人が敬遠する農薬や重金属だらけの輸入食材や、添加物だらけのインスタント加工品を食べ続けるのは、放射能による発ガン性リスク以上に危険な「高い発ガン性物質」であることは周知のごとくです。

福島県産が危険?安全?という論議があります。
安全だから、応援すると思って買ってください!という気持ちもあります。でも、私達ですら、どのようにして「安全である」と証明されるのか?現時点では、すべて疑心暗鬼になってしまうのも否めません。

ですから、これから必要なのは、自給も含めて、信用、信頼のおける生産者と消費者のネットワークで、きちんと測定をして、流通時にも曝露しないように配慮した、化学物質過敏症では「当たり前」のケミレス&放射能レス対応をしていくことだと思います。

どこどこ産という一括りでは、本当に食べる物が日に日に無くなって、水すら飲めなくなります。
誰の言葉を信じていいのか?国?自治体?、やはり、信頼できる仲間と正しい知識、そして、覚悟ではないでしょうか?

私達としても、引き続き南会津オーガニック推進協議会として、無農薬玄米をはじめ、安心安全な農林産物の生産や製品加工を推進していく予定です。
そのためにも重要なのが「放射能測定器」であり、本当に心から信頼できる仲間達によるネットワーク構築なのです。

このブログでも紹介したように、放射性物質も、極めて生命体に有害な化学物質であり、電磁波を発生する物質であるには、これまでとスタンスは変わらず、たばこの煙が充満した部屋や、雨上がりの農薬や殺虫剤散布の田園地帯、枕元の携帯電話、無線LANだらけのオフィスなどと同レベルの発ガン性リスクであると感じています。

それに対処していくには、同じく、正しい食べ物(穀物/玄米菜食、手作り味噌、梅干し、漬け物、海産物、新鮮な野菜や山菜、食物繊維etc)による解毒、排毒機能向上と、免疫力向上、そして、穏やかな精神力を育むしかないと確信しています。


ただ不安になって、ストレスを溜め込み、不眠からウツ症状を招くのも自分次第です。
覚悟して、割り切って、正しいと思うこと、たくさんの愛や魂に守られていることを信じて、みんな一つにつながっている中で、笑顔で、前向きに、今を生きる事。この身体(肉体)は借り物。魂が永遠。

お金や権力、肩書き、支配、未だに「強い欲(煩悩)?」にしがみついている人達もいますけど、反面教師だと思ってスルーしていきましょう。波動が下がりますから(笑)テレビは見ない方が波動を下げません。

イライラガミガミ、誰が悪い彼が悪い、あれがイヤこれが嫌い、自分だけ不幸で可哀想、汚い言葉、心ない行動を感じる人には、決して近づいてはイケマセン!低い波動に引っ張られてしまいます。


とにもかくにも、何が起ころうとも、すべて必然的なことだと覚悟して、心に浮かぶ思い、目の前に現れたシンクロメッセージを信じて、心が安らぐ選択、心地よい空間と時間を求めていきましょう。(いけや