ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

「ヒマラヤ聖者の生活探求」~今すぐ図書館で探して読んでもらいたいなぁ!

イメージ 1

5月2日に親しい友からメールが届いて、「暇なら読んでみては?」なんて、何気なく勧められた本。

「ヒマラヤ聖者の生活探求 第1巻~第5巻」
ベアード T.スポールディング (著), 仲里 誠吉 (翻訳) 霞ケ関書房

「一冊二千円くらいするから、私は図書館で借りて読んでます~」なんてメッセージだったのですが、この南会津の図書館には無いだろうなぁ、と思って、早速アマゾンで注文して、先週末から1巻、5巻とバラバラ届いて、昨日全巻届きました。


はまってます(笑)唸りながら読み進んでいます。
1日、1.5冊ペースで、今、3巻を読み終えて、今日で4~5巻を読破したいと計画してます。


英語版が1935年(昭和10年)、和訳版が1969年(昭和44年)に発刊されて以来、これまでこれを読んだ人は世界中に大勢いると思いますが、今、大震災や原発災害に悩める日本において、この本から学ぶこと、気づくことがたくさんあると感じるのは、私一人でしょうか(笑)


手元にある方は、是非とももう一度読み返してみてください。
図書館に行って見つけられた人は、是非、借りて読んでみてください。
(無くてもお願いすれば入庫してくれる親切な図書館もあるそうですので諦めずに、、、)


昨日読んだ第3巻には、宇宙線放射性物質についての行がありました。
驚きました。本当か嘘かは全くわかりません、どこまで信じていいのかも、読んだ人それぞれだと思います。

細胞核の破壊というまでは現在の人類の知識にあって、それが死への恐怖や不安につながっているのは確かだと思いますが、常識を越えて、ヒマラヤ聖者のおっしゃる古来からの伝承、高次元とつながった最高のテクノロジカルな叡智とされる一文を信じるとすれば、「細胞を高次に作り替え~」ちゃったりするそうです。

そうなると、どうなんだろう?今の状態は、最悪なのか?最良なのか?地獄?天国?への道?
今まで私もブログで「嘘」を書いてしまったのだろうか?でも、原発災害は心地良くないです。


まだまださらっと読んだだけなので、その理念はとてつもなく奥深いとは思いますが、このタイミングでこの本に巡り会うシンクロニシティ、本当にありがたいことです。感謝!


検索すると船井先生がオススメしている一冊、なんて情報が出てくるので、是非とも船井先生やそのお弟子さん達がいち早く気づいて、一日も早く世界中の争いをやめて、みんなで分け合い、助け合って、ヒマラヤ聖者が諭すように、正しき道に進んで、恒久平和な地球にするために尽力してもらいたいものです。

みんな一人一人でできることですから、始めていきましょうね。
「想いによって、すべて実現していくこと」に気づきましょう。
ヒマラヤ聖者が伝えたいことは、シンプルに言えば、たったそれだけ。

全巻読破したら、また、感想をお伝えしたいと思います。(いけや


追記:もしかしたら全文読めるかも?

ヒマラヤ聖者の生活探求 第1巻
http://www.otc.ne.jp/~bolivi-/himaraya%20%5B0%5D%20index.html

ヒマラヤ聖者の生活探求 第2巻
http://www.otc.ne.jp/~bolivi-/himaray%20%5B0%5D%20index.html

ヒマラヤ聖者の生活探求 第3巻
http://www.otc.ne.jp/~bolivi-/himara%20%5B0%5D%20index.html

ヒマラヤ聖者の生活探求 第4巻
http://www.otc.ne.jp/~bolivi-/himar%20%5B0%5D%20index.html

ヒマラヤ聖者の生活探求 第5巻
http://www.otc.ne.jp/~bolivi-/hima%20%5B0%5D%20index.html