ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

携帯電話もさらに有害な放射性物~24時間被曝で免疫力と生命力が低下しっぱなし

放射能の有害性をああでもない、こうでもないと恐怖と不安を騒ぎ立てる未熟な大人達がいる。

福島のみならず、日本各地の子ども達がガンや白血病で死ぬ、助けろ、政府はなにやっているんだ!とパニックになって騒ぎ立てる気持ちもわかるが、そんな事を目の前で言われ続ける子ども達の気持ちになった事があるのか?と、その大人達の配慮の無さ、精神年齢の低さ、魂の未熟さが際だって目立つ今日この頃でもある。

さらに、その人達の手に携帯電話、PDA、パソコンが握りしめられ、常に電源が入れられ、24時間依存しっぱなしで情報収集しているとすれば、また、学校の回りに乱立する携帯基地局のアンテナから出し続けられている電磁波の有害性に対して、何も気づかず、何も意見せず、その有害性が極めて高いことを論点に加えないのも、とても意識が低いとしか思えない、偏った行動であると感じる。

さらに、さらに言えば、周辺の農地や校内樹木への殺虫剤散布もしかりである。
体内に取り込まれた化学物質、放射性物質が、体内外から放射される有害な電磁波によって免疫力と生命力が低下して、発ガンしていくメカニズムは、数十年も前から知られていて、知っているからこそ兵器として密かに利用されてもきたのだと思う。


今、大切なのは、脱化石燃料、脱化学物質、脱電化製品、脱電磁波、脱原子力etc、という流れの、地球や自然界に極めて重大な影響、環境負荷を与える物質や行為への依存を、今すぐやめていく!やめはじめる!二度と依存しない社会をつくる!持続可能な社会形成を復興の太い骨子とする!という事を、七世代とは言わないまでも、次世代のために、勇気を持って大人達が選択し、決定して、具体的に動き出す事だと思う。

まずは、言葉、言霊によって、その思いを口に出して、具現化するタネをまくこと。
それには、ひとりひとりが始められることが、たくさんあると感じる。


子ども達には、安心して、笑顔でいられる環境を作り続けていくのが大人の義務。
身体をつくる食べ物、日本人はお米と野菜、味噌、梅干し、お茶etcの「伝統的な和食」が、とにかくすべての害から心と身体を守ってくれる「お守り」だ!

それを食べさせて、子ども達に丈夫な鎧を着させて、子どもらしく遊び、笑い、学び、成長を温かな目で見守るのが、地域の大人としての使命。
大丈夫!大丈夫!みんなが必ずあなたたちを命がけで守っていくから、自然体で生きようね、と。


それができない未熟な大人は、社会の害でしかない!と肝に銘じてほしい。
みんなで力を合わせれば、必ずできるはず。国や企業をあてにせず、依存せず、自分たちの足で立ち上がり、頭を使って、動き始める時。(いけや