ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

荒海小・中PTA合同講演会~放射能から家族を守る勉強会

イメージ 1

7月15日の夜、荒海小・中PTA合同講演会が開催されました。
今年のテーマは「見えない環境汚染~放射能」。重いテーマです。

6月の荒中PTA役員会で話題になった、放射能(電磁波)と5/末にWHOから発表された携帯電話の脳腫瘍リスクとを含めた対策について、勉強会という形式で講師を交えて行うことにしました。

知人である古庄弘枝さんを招き、PCスライドを使って約1時間半のお話&質疑応答の構成。
役50名ほどの保護者と先生達が集まる中、やはり気になるところは「どのくらいの放射能数値なら子供を外出、部活などでの遠征に行かせていいものか?」という切実な点でした。

*人それぞれの免疫力や生命力で雲泥の差があること=規制値は参考にしてはならない!

ホームドクター(保護者)が子ども達や家族の日々の体調を管理するしかないこと=体温、排便、食欲etc

*正しい情報で事前に予測や危機管理を充分に行うこと=自分や家族の身は自分で守るしかない!

*携帯電話は、イヤホンマイクを必ず使いましょう。夜間は電源を切る=午後10時~午前2時の体の修復時間が大切!


放射性物質や電磁波に負けない心と体をつくり、有害物質を徹底的に出せる、スムーズな体づくり。
すなわち「食」に頼るしかない!ということに気づくこと。を中心に伝えました。

とても難しい時期で、難しい内容、さらに、一言ひとことが責任重大なテーマだったので、たいへんならがも、翌日、健康市場にその講演を聴いて、お子さんとおばあちゃんを連れて来てくれた、笑顔の素敵な保護者の方がいらしてくれて、「とても良かったです。対策を聞いて、少し不安が無くなりました。」と語ってくれました。

3人の小さなお子さんと一緒に、特製の玄米野菜カレーやおはぎを食べながら、ほのぼのとした時間を過ごしてくれました。それだけでもよかった!と思いました。


これからが正念場だと感じます。
弱り切ってしまう前に、強固がヨロイを心と体に装着して、サラサラ血液で体の掃除がいつでもできるように準備し続けましょう!(いけや