ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

昨日は郡山で「長岡式酵素玄米の直伝講習会」を受講してきました^o^

アッと言う間の3時間でした。楽しかったです。

マクロビオティックとは、また異なった玄米論。それぞれ思いがあって、それもまたよし。

どんな手を使ってでも、健康で、元気で、笑顔で生活できることが、とても重要だと思います。

その一つが、私は「玄米ごはんと手前味噌のみそ汁」ですし、できれば、何処に行くにも、お守りとして持っていきたい「元気の素」です。


誰から何を言われても、生命力の高い、完全食「玄米」は、この混沌とした世の中で、食べたい人だけが食べて、免疫という強固なヨロイを心と身体に着けて、これから起こる様々な困難に、笑顔で立ち向かって、乗り越えていけばいいと感じます。

無理して食べさせない、押しつけない、美味しくないと感じる人に食べさせるのは、もったいない(笑)

生命力の高い食品、その命をどれだけ感謝していただいたか?に、今後の人生、幸せ、運命が決まる。
と、そのくらいに大切なことだと、私は思っています。


大切なのは、愛情込めて、美味しく、手間暇かけて、太陽の光の塊のような生命力の高い「玄米」を、ふっくら炊くことかな。やっぱり、美味しいのがいいですよね。圧力釜無しでは無理だなぁ~。

カムカム鍋を使って、じっくり炊いた玄米も大好きですし、熟成させた酵素玄米も大好きです。


季節や気温、仕事(汗)量、心身の調子で、食べ物は調整が必要ですから、心と身体が歓ぶものを、幸せな気持ちで食べ続けていきたいですね。時には、甘いモノだって、お酒だって、心の栄養だし、人と人とを笑顔でつなぐために必要な時がある。


中庸の「玄米」は、シーソーの重し。真ん中をできるだけ重くしておけば、陰だ陽だと心乱されることなく、バランスよい人生になるのだと感じます。すべては真ん中、中庸です。
先人達は、穀類と味噌や醤油、お酒などの伝統発酵食品に、少しのおかずで充分元気だった、幸せな人生だったはずです。欲張る人生は、もう卒業しましょう。(いけや


長岡式酵素健康の会 本部
http://www.n-kousogenmai.co.jp/