ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

無線LANの危険性~だんだんと真実が明らかにされてきたようです@o@

無線LANがきっかけとなって、電磁波過敏症になった一人の証人として、このような遅すぎる報道であってもとても歓迎します。

携帯電話や無線LANなど身近な家電や電子機器がワイヤレス使用している電波周波数帯の危険性(電子レンジと同じ2.4GHz前後/熱作用)は有名な話ですよね。

「熱作用」は血管が少なく、放熱冷却できない「睾丸(きんたま)」と「眼」が影響を受けやすく、睾丸は精子がダメージを受け、不妊、無精子に、眼は白内障緑内障、眼圧異常による視力低下、網膜剥離などになると言われてきました。知らぬが仏。病院に通っても治らないんです、、、こわっ。

「非熱作用」という影響については未だ研究も手つかずみたいですが、小出力であっても、人体、特に脳周辺の金属部や、血液や筋肉、脂肪に蓄積された重金属への干渉によって、アレルギー反応のみならず、CMでお馴染みの目・肩・腰のこりと痛み、頭痛、歯痛、はきけ、めまい、不眠、うつ、そして、精神疾患不妊へとつながってしまう、人工(デジタル)高周波の隠された非熱作用は、当初から有識者の間で警戒されていました。


まずは不妊に悩む男性諸君、せめて寝るときには携帯オフ、パソコンオフ、無線LANを撤去して、有線にしてみましょう!
さらに、ジャンクフードをやめて、お米、味噌汁、漬け物の純和食に変えて、1ヶ月もすれば元気な精子がつくられるはずです。

パソコン側の設定も、無線LANオフにすることをお忘れ無く。パソコンが年中基地局になってしまいます。

同じく、光電話などのルーター(電話回線をつないで、電話とパソコンを振り分けている小さなライトがピカピカ光っている箱)にも、無線LAN内蔵タイプがあります。
「近所の携帯基地局からの電磁波がひどくて、、、」なんて相談を受けて、測定しに伺うと、実は、自宅のルーターだったり、というオチが幾つもありましたので、これは要注意です。

その他、ワイヤレス機能を持つ家電が多いので、コードレス電話はもとより、プリンターなどパソコン周辺機器、高機能家電をお持ちの方は、一度、すべての家電をチェックすることをお勧めします。

チェックの仕方は、高周波の電磁波測定器という方法以外に、ポケットラジオなどの受信機を電源を入れて近づけると、その家電から勝手に電波が定期的に発信されている場合や、パケット通信状態の場合に、わかりやすい雑音が入ります。

蛍光灯やLED電球からも同様に高周波が発生していますから、試しに近づけてみてください。
年中、その高周波を自分や子ども達が浴びまくっているという証拠です。高周波による蕁麻疹、頭皮のかゆみ、ふけ、できものなども、しょっちゅうある症状です。

あまり不安にさせても申し訳ないので、このくらいにしますね。
今日のお願い・・・「寝るときには携帯オフ、パソコンオフ、無線LANは有線に、できればワイヤレス機器を家から追い出したいなぁ、、、、子ども達の安眠と、不妊防止のために。」(いけや


追記:私の愛機は「Apple」。仕事の関係で20年来の相棒です。

ただ、iPhoneiPadも、電磁波が強すぎてお勧めできません。
家族総病人化、要警戒レベルの高さです。
(参考)http://logsoku.com/thread/pc11.2ch.net/iPhone/1250888640/
(参考)http://www.youtube.com/watch?v=WTTbpWDxI0Q

スマートフォンが当たり前になってきましたが、身体や精神への影響が出始めるのも遅くないと思っています。不眠、頭痛、うつで薬やお酒、タバコが手放せない若者が増えないことを、祈っています。

みんな早く気づくんだよ!自業自得、自分の身体と心を守るのは、自分しかいないんだから、、、、。