ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

きっと同志に届くはず・・・アミと一緒に、愛はすべてをこえて平和な地球に!

「今、どうするべきか? 地球が平和に幸福でいっぱいになるために、何ができるのか?」

先日の投稿で紹介した、「もっと怒りなさい!」との知人からの叱咤激励。
でも、やっぱり天国言葉と地獄言葉を体感してしまった私は、もう震えるほど怒れない怒りたくない、憎しみをもって戦えない戦いたくないです。ゴメンナサイ。
みんなつながっている「ワンネス」だもの。天にツバを吐くような行為からも卒業です。

さて、東日本大震災の時に、たくさん本を読む時間ができたのですが、パソコン相手に長時間にらめっこできる時間は減って、早く事業をはじめて、早く軌道にのせて、早く復興しなきゃと、目先のことに振り回されがちな、いわゆる自己中心的、利己主義的な毎日を送ってしまいました。(反省)
 
 あらかい健康キャンプ村の旧校舎解体工事で、また、心と頭にぽかっと時間と余裕ができて、本を読んだり、ぼんやりと瞑想したりと、あらためて深く心の中の神様とお話できることができています。

イメージ 1

その解決のヒントを、もう数ヶ月も前に入手していた「アミ 小さな宇宙人」3部作の中で、まとめとなる「アミ 3度目の約束~愛はすべてをこえて」から紹介し、共感できる同志を募り、ダメモトでも本の最終章にあるメッセージのように、国連へ企画提案したいと思います。(大風呂敷だなぁ、、、^o^)
 
****************以下、「アミ 3度目の約束~愛はすべてをこえて」から転載
 
「みんなで、宇宙の法にのっとって、惑星の未来の平和共存を築くためのプロジェクトを用意しよう。そして、それができあがったら、国連に提出しよう」(略)
 
「そのほかにも、人類がもっと、自分の内的成長にめざめるようなプロジェクトを用意しましょう」
 
「そのあとで、未来の宇宙文明との出会いを容易にするプランを提出しましょう」
 
「地球上でまったく農耕に使われていない土地を刺激する計画だよ。そうすれば飢えや栄養失調も完全に克服できる。だって、いまの地球の人口は、六十億ほどだ。人口過剰ってわけじゃないからね。使われていない土地を、現在のテクノロジーでもって有効利用すれば、地球には、幸せに太ったひとたちが、八百億も暮らすことができるんだ」「そのとおりだ!」
 
「そうだよ、みんな。足は大地に・・・」(P.448~)

>>>5000文字を超える長文なので続きはこちら>>>ナオルヨブログ(エキサイト版)