ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

あらかい健康キャンプ村~春の再開に向けて

春が近づいていることを告げる小鳥たちのさえずりが晴れ渡った雪景色に響くようになりました。
もうすぐ春、もうひと頑張り!と、元気づけてくれています。

降雪が少ないかわりに、氷点下10度を超える日が続く、今年の寒さ。
車の窓、それも内側にびっしりと霜が降りて、暖機運転を10分ほどしないと、全く視界ゼロという状態は、昨年の冬では数度でしたが、今年は幾度となく、ほぼ毎日のような厳しさです。
それでも一発でエンジンがかかる、まもなく24万キロを走破する相棒フォレスター君に感謝です。

さて、表題の件
21センスのサイトで公表しておりますが、2012年度のあらかい健康キャンプ村利用マニュアル(PDF版)をダウンロードできるようにアップしました。

そして、春からの再開に向けて、先日、DEN会員や理解者、支援者の皆さまに「元気いっぱいのココロとカラダのための食品と生活雑貨カタログ2012」「別冊病気から身を守るサバイバル考」を送付しました。

イメージ 1


イメージ 2



環境病の転地療養、あらかい健康キャンプ村とどう関係があるか?というと、療養に着の身着のままこられてしまっても、事前の準備、意識改革、それなりの覚悟がないと、何の意味もない、という事を、これまでは毎度、コピーやプリント資料を送付してお知らせしていましたが、それらをまとめて、必要なものをカタログのようにして、知識、意識改革と共に、療養モードに自己変革いただける簡易マニュアルのような綴り方をしたものですから、キャンプ村に来るまでにできる「体調回復のためのたくさんの自己努力」ができるか?という関係なんです。


環境病のみならず、様々な体調悪化、病気、症状を持っているにもかかわらず、「食」の改革ができるひとは、本当にわずかのように感じます。

それだけ、三つ子の魂百までの言葉のように、それぞれの人が、幼児期から培った味覚(家庭の味・母の嗜好?)、美味しさの基準、空腹を満たすための選択食、CMに洗脳されたココロとカラダを痛める食欲というのは変えがたく、常にお腹いっぱいでないといけない、空腹は罪のような意識が根深く、食に関しては、スルーする傾向が強いのだと思います。


さておき、3月1日から利用受付を開始します。
実際の利用開始は、4月の雪解けと、受け入れ準備、条件が整った段階で、順次利用開始案内となりますが、それまでに、準備できること、せねばならぬことは、たくさんあります。
その準備、意識改革、覚悟ができている人ほど、1ヶ月もかからずに社会復帰できるほどに体調改善していくのは、これまでの経験から間違いありません。

ガンや糖尿病、今苦しんでいる生活習慣病、過敏症が治らない、と思っている、その意識が一番の問題です(笑)自業自得、因果応報ですが、想いが実現する時代、意識変革がとても重要なんです。

冬来たりなば春遠からじ。
人生の苦難が訪れても、同じです。
それらの苦難は、気づき、魂の成長のための、待ちに待った機会だと、小躍りして乗りこえましょう。
必ず乗りこえられる壁、なぜなら、生まれ出でる前に自分で設定したんだから。(いけや