ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

あらかい健康キャンプ村FAQ~「外に原因を探す人は要注意!」

あらかい健康キャンプ村だよりの続きです。

よくある質問ですが、「針葉樹に反応するんです。スギやヒノキがダメなんです。」「高圧線の鉄塔があると聞いたのですが、電磁波は強くありませんか?」「放射能の影響はどれくらいありますか?」「私は***と***がダメなんですが、、、云々」

キャンプ村は、化学物質や電磁波が限りなくゼロで、今、苦しみ悩んでいる体調不良の原因が、そこに行けばすべて無く、すっきり壮快、発症前の自分に戻れるかのごとく勘違いされる方も少なくありません。

また、とにかく反応物や原因を外に探そうとする人も多く、なんやかんやと原因を見つけようとしたり、測定器まで持ち出したりする可哀相な人もいます。


「ここまできて、外に原因を探す人は、気が狂いますよ。思い当たる人は、キャンプ村には来ないほうがいいし、来たとしても、すぐ帰ったほうが身のためです。」

というのが、キャンプ村の転地療養方針です。


体は日々、有害物質を体外に排出したくてしょうがありません。
良質の酸素と水、そして、食品に含まれるビタミンやミネラル、食物繊維が体内に入り始め、体がリラックスしはじめれば、例外無く体は誰に言われなくても自動的に解毒、排毒をはじめます。

キャンプ村に到着した時点で、解毒が始まる=血液中に蓄積された有害物質が出始める=一番苦手な物質に曝露した状態と同じになる、ということを覚悟した上で、落ちては這い上がり、さらに落ちては這い上がるを繰り返さなければ、体調回復はできません。


解毒が始まれば、自分の呼吸や皮膚、体中から苦手な物質のニオイが出続け、薬を飲み続ける人は、刺激的な化学物質臭や重金属臭が漂うことに自分でも気づくはずです。

それなのに、体調悪化の原因は何?と、他人のせいにしたり、食べ物のせいにしたり、空気のせいにしたりと、外に原因を探して、「こんな田舎まできても反応するなんて、、、、もうどこにも暮らせる場所が無い、、、、」と絶望する思考になってしまいます。

全くナンセンスです。この地球上に化学物質や電磁波の無い空間は無いでしょう。あったとしても、人が心地良く生活できる空間では決してないはずです。
有害物質を測定し、数値で閾値を決め、判断しようとしても、過敏症はそんなもの関係ないんです。
針が振れなくても、感じるものは感じる。イヤなものは、イヤなんです。
だから、あえてそれに意識を向けず、周波数を合わせないことが、とても大切なんだと思います。



自分に向き合うこと。自分の心と体が何を求め、今、何をしようとしているのか?を気づきに来ることが、健康キャンプ村での転地療養の一番の目的であってほしいと思います。

ですから、笑顔を忘れず、前向きに、美味しく、楽しく、解毒中は辛いけど、同じ苦しみを知る仲間達とお互いに励まし合って乗りこえられる施設を目指しているんです。

私達スタッフとしても、外に原因を探すクセがついてしまって、それをまず始めに治そうとしない人には、キャンプ村に来て欲しくありません。
施設の雰囲気、いわゆる「気」が悪くなるんで。


有害なものを体から出す。入るものを減らす。
排毒しやすい体内(腸)環境、意識(精神状態)、そして、正しいメカニズムを知り、応用する。
環境病を自己治癒する共通条件、これからの時代を生き残るための基礎知識だと考えています。(い)