ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

あらかい健康キャンプ村FAQ~たばこ、仏壇、蚊取り線香・・・使えない持込品の注意

シックハウスは当然ですが、同居者の喫煙、仏壇のお線香、蚊取り線香、お部屋の芳香剤や消臭剤、お気に入りの香水やコロン、アロマ(天然含む)などが日常的に使われている場合、キャンプ村を利用する方が持ち込む品は、ほぼ100%使えないとお考えください。

衣類や寝具に染みついた、お部屋の床、壁、押し入れの合板、建材から発生する揮発性有機化合物(VOC)をはじめ、たばこ臭やお線香、その家に常に充満している有害な化学物質は、その家にいるうちは気づきませんが、空気の澄んだ場所に数時間~数日いると、マスクがはずれて、その強烈なニオイに反応しはじめ、体や息からも同じニオイが排毒されて、気がおかしくなってしまうほどです。

自宅で家族全員が過敏症克服に協力して、無添加なケミレス生活をされている場合であっても、キャンプ村に持ってきた衣服や寝具が、その家庭の独特なニオイであることに気づかれるはずです。

それらは、数日間、日干し、風通しして、何度も洗うことで解決できますが、それも、入居時から他の利用者さんから避けられ、ニオイを指摘されるような、今までと逆の立場になる経験をされます。


これまで家族や周囲に「クサイ、クサイ!」と目くじら立てて攻撃してきた人ほど、キャンプ村で他の利用者さんから同じように責められ、「臭い!」と言われて、どれだけ辛く、傷つくかなどを経験されることで、過敏症克服の一助ともなりますが、これはみんな通る道ですので、それなりに覚悟して来ていただければと思います。


解決策としては、やはり、お金はかかってしまいますが健康市場へご相談いただいて、布団は新品のオーガニック布団を丸洗い後、そのままキャンプ村へ直送、衣類は、とりあえず最低限の必要と思われるアイテムを手配依頼(健康市場へ)して、何度か洗っておき、キャンプ村に来てから持参の衣類を順次切り替えながら、1週間程度で無添加へ移行していくようにアドバイスしています。


家族や面会者は、キャンプ村での面会は避け、健康市場などでお逢いいただきます。

その際も注意いただきたい(面会が終わるまでの)事として、喫煙、香りの強い合成洗剤で洗った衣類、シャンプー、リンス、整髪料やコロンなどの香料を避け、ニオイの強い食品なども遠慮いただくなど、ご配慮いただければ助かります。

無香料無添加の洗剤、石けん、衣類など、ご不明な点は、お気軽にご相談ください。(いけや