ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

2012.12.21~他に依存している自分に気づきましたか?

2012年12月21日。どんな1日を過ごしましたか?
冬至を迎えてマヤカレンダーが終わり、人類最後の日と煽った報道機関も、次なる不安材料を出し続け、人々をネガティブ意識にキープしておきたいのでしょうが、、、、そうはいきませんよね(*^^)v

アセンションなどのお話を時折このブログへ投稿しているので、キャンプ村卒業生を中心に様々な質問が届きます。
一貫して伝えているのは、「自分自身に向き合って、自分に嘘をつかず、愛して、心地良い選択をし続けること」の大切さだけです。

今回の冬至、人類最後の日キャンペーンを通して、もし、他の何かによって現実が変わることを期待し、依存していた人達は、大きなショックとさらなる不安が襲ってきていることでしょう。
ポールシフト(地軸移動)、地震津波、火山噴火、惑星衝突、フォトンベルトへの突中による暗黒の3日間(電気機器の喪失)などの自然災害。
あるいは、地球外生命体(ET)のディスクロージャー、ファーストコンタクトと言われる、政府が公式に宇宙人の存在や関与を認めるような大イベントによって、人類が解放されるといった事。

多くのアセンションやスピリチュアルなサイトやブログで煽られ、拡散されてきた情報ですが、これらに大きく欠けているのは、「それであなた自身は何に気づいて、何を変えて、何をしてきたの?」ということですよね。

確かに、それらの目に見える変化、災害も起こることでしょう。
ただ、それを望む人が、それを引き寄せ、その次元に残って、それを経験することを望んだから現実化することであって、誰もが同じ状況である、ということじゃないことも幾度となく伝えてきました。

だから、これからこうなる、ああなる、と不安を煽っているブロガーさんは、それを望んでいるだけのことです。大きな地震や噴火を待ち望んでいる人もいるでしょう。生きるのが面倒になったインターネット中毒、電磁波依存の人たちもたくさんいるように感じます。それもそれです。それを望んで、選んでいるのはその人ですから、変えられません。


この人の声を聞くと、とても安心する大好きな人、キーシャ・クラウザーさんのメッセージをお伝えしますね。


キーシャ・クラウザー「ただ愛であること」

私たちはエゴとマインドから生きることをやめなくてはならないのです。
そして、愛の意識から生き始めなくてはならないのです。
そうでなければ、マザーアースと共にいることは許されないのです。

この現実を変えなくてはならないのは、私たちの役目なのです。
誰か救世主が現れて助けてくれるものではないのです。
私たち以外にだれもいないのです。

私たちに続く子孫たちでもなく、他の惑星からやってくる人々が、
私たちの問題を解決してくれるのでもないのです。
私たちが待ち望んでいるのは、私たち自身なのです。

先住民族たちは何世代にも渡って、このシフトが始まることを伝えてきています。
人類がこのチャレンジに直面し、乗り越えることは言われてきていることです。
この状況を乗り越える唯一の方法は愛によって生きるという事しかないのです。

私たちの世界、惑星を変え、私たちの意識を変えるには、
たくさんのことを考え、行動しなくてはならないと思っているかも知れません。
でも、長老たちが私たちにして欲しいと言っていることは、たった一つだけなのです。
それは「愛であること」です。ただ「愛であること」なのです。

そのためにどうしたら良いのか・・・まずは自分自身を愛さなくてはいけません。
心の底から自分自身を愛するのです。



続けて、単刀直入、単純明快なバシャール・チャネリングをお伝えします。
地球外生命体からのメッセージとしては、きちんと地球人の、気づき、愛による自立と魂の成長を伝えてくれる正統派だと思います。私たちが~します、私たちと一緒に~しましょう系の依存、洗脳、隷属チャネリングとは違うので、個人的に信頼度の高い、大好きなメッセージです。

バシャール~「2010-2012 緊急・重大メッセージ」



追加:「愛であること」という表現がわかりにくい?というお話があったので、バシャール「愛の状態であること」を紹介しますね。



いかがでしょうか?

今回、2012年の冬至を過ぎて、それまでに至る経緯、心の動き、過ぎた後、今朝起きた時の意識などで、自分自身が今いる次元、望む世界がはっきりとわかったのではないでしょうか?

サバイバルに集中した人、なげやりになった人、宇宙人でも救世主でも誰かに救ってもらいたいと願った人、無視してせせら笑っていた人、そんなこと意識にもなく、金、権力、欲の塊になっていた人etc

それぞれが、この後、シフトしてパラレルな世界、地球、次元へと浄化、進化した際には、それぞれが望む世界のまま、現実化しているという事みたいです。

不平不満をつのらせ、闘争、破壊、滅亡を望む魂は、放射能の恐怖、自然災害の不安に包まれながら、金融・経済崩壊する世界各国の争いに一喜一憂しながら、イメージした通りの最後を迎えるはずです。


心地良く、地球にやさしく、すべての命に安心・安全な環境を望む魂は、すでに、すべての命が共生する社会の実現をイメージしているでしょうから、無益な殺生、肉食もグルメもやめて穏やかに穀物菜食をされているでしょうし、添加物山盛りのお菓子やジュース、インスタント&ジャンクフードは吐き気を催し、アルコールやカフェイン、タバコ、麻薬を卒業し、医療&薬物依存から魂を解放して、常に宇宙と大地とつながるフラットな心をキープしているでしょう。

当然、化学物質や電磁波への依存もとっくに卒業して、身の回りから農薬や添加物、香料、化粧品などが無くなり、テレビを捨て、携帯電話中毒から離脱し、パソコン依存もなく、自然の中で鳥や草花とともにのんびりと暮らしているはずです。化石燃料からも離れて、車もできれば使いたくない人たち。

日々の生活を丁寧に生きることも大切な事。
朝起きてから、身支度をし、水回りをキレイに整え、炊事、洗濯、掃除と、生活空間を心地良くする毎日。風水においても、水回りがその人の人生を現すというくらいに大切とされていることは、衣食住の要であり、健康、健全に生きるための重要な場所であるからこそでしょう。

地球だって、大地だって、大気だって、水、森、どんな事であっても、きれいなままで次の世代へバトンタッチすることを「当たり前」として、夜寝る前に、その日の汚れを残さずに、翌朝(次世代)、誰であっても心地良く物事を始められる状態にしておく事だったり、、、大人としての常識ですけどね。
日々、汚してもすぐにキレイにする、できることが最低限の生きる条件であることに気づいた人たち。
当然、原子力なんて、もってのほかです(-_-メ)


なにはともあれ、シフトする準備を着々と日々すすめて、その時の覚悟はすでにできていますよね?
肉体の終わり、死を恐れる人もいないでしょう。そう、魂は永遠なことに気づいています。
よい水を飲み、節食をして、心穏やかに、心地良い時間を、心地良い空間で、心地良い人々と過ごす事。いつ、どんな状態であっても、夢と希望を抱いて、美しい地球への再生を願っていきましょう。