ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

講演会「環境病をいやす~奥会津の実践」1月27日(日)只見で開催^o^

イメージ 1

先週、奥会津の知人(只見の自然に学ぶ会の新国さん)から連絡があって、急遽、講演会でお話することが決まりました。

日程は、1月27日(日)午後1:30~3:30
講演時間は1時間30分、質疑応答は30分です。
場所は、朝日地区センター2階大ホールとの事。

参加は自由、無料。お問い合わせ先は、事務局(電話0241-82-3242/渡部方)まで。


新国さんからの講演依頼メールの中で、、、、、

「行き過ぎた経済優先社会で、お金が最優先されています。それに、名誉欲や見栄が付きまといます。そして、すべて人工物に囲まれ、清潔さを潔癖なまでに追求します。
もうどこかでおかしくなってきているのです。

人間も動物です。水や土や植物といった自然のなかでこそ生きていけるのですが、それらの大切さは失ってみて初めて理解されるのでしょう。

いまは人ごとのような環境病も、自分がなって初めて事に深刻さに気づくのかもしれません。

人間の業は欲深いと思っています。
額を割って血を流すくらいまでにならないと行動に移せないのではないかと考えます。
もうその段階では、手遅れなのですが・・・。

只見の自然に学ぶ会は、このありのままの自然を素直にすばらしいと感じることが地域を活性化するという理念で行動しています。

単純で当たり前のことですが、このような田舎においては異端児です。しかし、近年、同調者が増えてきました。いまは、会員数70名を越えます。」・・・・


とありました。

失って初めて気づくことが、自然の中にいては、その恩恵を当たり前にいただきすぎていて分かりづらい、という点は、都市生活でボロボロになった私のようなものにとって、奥会津に生まれ、暮らし続けてきた人達の、たぶん数倍、数百倍にも感じる、強烈な気づき、良い経験だったのだと思います。

そんなお話、環境病治癒(化学物質と重金属の排出&意識変革)と自然の重要性、中山間地(=宝の山)のこれからの役割をふまえて、キャンプ村での療養実証からエコヴィレッジに至るまでの「夢と希望」を、少しでもお伝えできればと思います。


ご都合のよろしい方は、是非、只見でお逢いしましょう!(奥会津に移住して初めて隣町・只見を訪問します、楽しみです^o^いけや