ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

野生の動物達に迷惑をかけない暮らし方を・・・・・

イメージ 1

昨日は1日荒れた吹雪の南会津でしたが、今朝は青空と澄んだ空気が心地良く、早朝から除雪をしていても、美味しい空気が肺に染み渡る感じで、大汗かいて2時間ほどの除雪をしても、爽快感がありました。

ロハスセンターの周りにも、たくさんの野生動物達が暮らしています、というより、いるみたいです。
冬の間は、あまり遭遇することなく、足跡だけの出逢いであるので定かではありませんが、たくさんの野鳥、野ねずみ(かわいい姫ねずみ)、いたちやテン、野ウサギ、鹿などなど。

今朝、目だった足跡(写真)があったので近寄ってみると、小動物にしては大きく、はっきりとした足跡がありました。

イメージ 2

イメージ 3

歩幅が30cmくらい?これは月ノ輪グマの子ども?なのかなぁ、冬眠しているはずですが、心ない人たちによって、冬眠場所を襲われちゃったのかな?

キャンプ村までの町道は除雪していただけますが、その先、荒海山の登山口へは冬の間、道が閉ざされます。ただ、狩猟(マタギさん含めて)目的で、スノーモービルを持込、野生動物を仕留めて、食べたり売ったりできる部分だけ捌いて持ち帰る人たちが、定期的に来ます。
残った血痕を見ると、本当に心が痛みます(>_<)ゞ


私は子どもの時、動物の肉を食べられませんでした。飲み込めないんです。給食では困りました。
小学生の時からボーイスカウト活動をしていて、キャンプと言えば「カレーライス」が定番でしたが、その中に入った肉が食べられず、いつも、周りの仲間が食べてくれました。
ハンバーグすら食べられない子どもで、いつも遊びに行った先で、困った思い出があります。
肉より魚でしたが、刺身もダメで、お寿司も海苔巻き、たまごレベルのオコチャマご飯だったなぁ(^0^;)

思春期を過ぎると、好き嫌いが格好悪い、恥ずかしい年頃になって、無理をしながらでも、じっくり火を通したウエルダンレベルの肉を食べられるようになりましたが、好んで食べる事は少なかったです。
獣クサイのが、どうしても苦手だったし、死体を食べる?という感覚が、、、、、、

過敏症になってからは、動物性食品は、ほぼ食べられなくなりました。
薬品無添加で、健康に育てられたものが、どうにか、というレベルですが、そんな高価で希少なものは手に入りませんから、2004年からはベジタリアン、というより、ビーガン(卵、牛乳類も食べない)生活になりました。


だからと言って、栄養失調には全くなりません。肉を食べなければダメという栄養士さんやお医者さんも多いですが、ほ乳類の命を奪わなければ生きられない、なんて事は有るわけありませんよね。

日本では昔から最近まで「四つ足のものは食べるな」と言い伝えがあったし、私も食べなくてもいいよね?って、子どもの時に強く思っていました(-。-;)今はもっと強く思っていますが。

まぁ、他人は変えられませんから、誰が何を食べようとも、干渉できませんが、キャンプ村での療養を見ていても、食習慣を変えることが、最も難しいように感じます。

ベジタリアンって、ちょっと変なように思う方がいらっしゃると思いますが、このサイトを見ると、もう肉食なんてムリ!って感じるはずです。

菜食のススメ


体臭、口臭の原因だって、まさに動物性食品しか考えられない訳だし、化学物質や重金属が筋肉や脂肪に溜まることを考えれば、わざわざ凝縮された抗生物質や有害物質を食べ続けるのが、健康維持にイイ訳がないのは子どもでも理解できますよね。

原発事故後、世界的に免疫低下が日常となって、ここ数年で結果がはっきりと出るでしょう。
体の肉、脂肪に溜まった有害物質が、免疫低下、体温低下によって、確実にガン化します。
白血病は血液の癌と言われていますが、血液をつくるための正しい食事がなされなければ、血液はよどみ、腐り、酸性化し続け、体内の様々な臓器にダメージを与えていきます。ガンの転移と言われるのは、そもそも血液全体が汚染されてしまっているからなんでしょう、、、、、ちょっと横道にそれました。このたぐいの話では癒されませんね(^^ゞ


どうあれ、動物性食品を食べられようと、食べられなくとも、日々、循環、悪い物を体から出す、というデトックス習慣をきちんと目指して、心と体が喜ぶ食べ物、飲み物を摂っていきましょう\(^O^)/



とにもかくにも、野生の動物達に迷惑をかけない暮らし方を目指していきたいですね。
ボーイスカウトの幼少版、カブスカウト時代は、リス、ウサギ、シカ、クマ、という年代毎の呼称があります。とても親しみ深く、それらは決して「食べ物」には当てはまらない「仲間達」という感覚です。

誰にどう言われようと、これからもずっとベジタリアン、ビーガンでありたいと思います。
そういう人達と動物達と、笑顔で、仲よく暮らす地球人でありたいと。(いけや