ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

寝具・衣類はご持参いただいています~あらかい健康キャンプ村からのお願い

新年度が始まり暖かくなってきて、発症者の周辺で農薬散布や工事などによって、急激な大気汚染がはじまると、キャンプ村への緊急利用相談が増えてきます。

今月も数件、お問い合わせや、今すぐ、明日からという転地避難連絡をいただきますが、着の身着のままという避難状況は理解できるものの、キャンプ村にストックされた衣類(新品からニオイが抜けたユーズドまで)や、数組残った貴重な貸し出し寝具は、ほんの僅かしかありません。

毎年のことですから、こちらもたくさん用意できればと思いますが、用意したからといって、発症者の反応物質や体調度合いがまちまちで、使えるものが限られますし、衣類や寝具など布類は定期的に洗濯、乾燥、日干しなどしないと、すぐにカビが生えたり、虫にやられますので、余分なストックはできません。ニーズに応じて対応しています。

今ある寝具も、そうとう使い込まれてしまっていますが、それまでのストック寝具は、その方が借りて使えると、そのままお買い上げ、お持ち帰りという状況が多く、せっかく時間をかけて洗って、ニオイを抜いても、次々と備品が減っていく状態です。(ガスストーブや木製ベッドなど様々)

また、重症者に1ヶ月近く使われれば、解毒・排毒された薬害成分や化学物質、香料などによって、その貸し出し布団は使い物にならなくなることも多々あります。(特に敷き布団とシーツ、マットレス


「睡眠」(寝欲)は大切な体調改善につながる療養の一つですが、「食」(食欲)・「気・意識」(性欲)と合わせて、あまりにも軽視しすぎる傾向があって、病気や有害物質ばかりに意識を向けすぎ、本来、人間や生命体が健康維持に不可欠とされる三大欲求についての無知さ、思い違いによって、結局、自分自身で心と身体にダメージを与える結果となっていると感じています。



化学物質過敏症であることは、いつでも避難が必要になることを覚悟しなければいけません。
前から伝えるように、災害時、緊急時に、私たち過敏症は、決して避難所で暮らしたり、救援物資を食べたり、合成洗剤を使用したりすることができません。

その時のために、必ず、石けん丸洗いや日干しを繰り返して使える状態になった寝具(ex.コンパクトな布団セット羽毛寝袋、毛布)、防寒具(暖かな下着/タートル長袖&ズボン下、インナーダウン上下ゴアテックス雨具etc)、炊飯道具(カセットコンロ、圧力鍋、玄米、水、塩、味噌、梅干しetc)など、最低限の生命維持品が用意されていなければいけないと考えてきました。

それらが無い、無防備な状態では、いかなる時も誰も過敏症を救うことができず、行き着く先は「死」でしかありません。でも、それは想定できる範囲ですから、今、準備をしておくことができます。

いざという時、近未来の想定、準備すらできないようであれば、それは人生を放棄したようなもので、誰のせいでもなく、残念ながら自分自身が選択した結果でしかありません。


厳しいようですが、体調を整えるために、それをすれば必ず元気を取り戻せることがわかっていても、

1)食事を2食に減らし(節食)
2)動物性食品や砂糖を絶ち、食物繊維で身体を掃除し、必要な栄養素を採り入れ(玄米菜食)
3)早寝早起きで免疫力を回復させ(9時消灯~5時起床)
4)散歩や体操などで身体をほぐし、筋肉を起こし、体温を上げ
5)否定的な意識を卒業して、前向きに笑顔で楽しく暮らす

その一つたりとも実行しないで、自分を変えずに、外の環境ばかりに目を向けて文句、愚痴、イライラしたり、辛い、痛い、苦しいと逃げ回るだけの人々を、ここキャンプ村では助けることはできません。

それだけの余裕もなく、みんな、本気で治そうとして来る人のために、身銭を切って細々と運営を続けている施設ですので、ご理解ください。



そんな状況ですので、緊急時であることは理解していますが、特別な場合を除いて、寝具や衣類は事前に避難用に準備をしておいていただかないと、こちらでは用意しかねます。

また、この記事をきっかけに、いつでも避難できるように、避難用に寝具や衣類などを揃えておくことをオススメします。

オーガニックコットン寝具「ハート」のお布団を、あらかい健康市場で取り扱っているのも、新しい寝具であっても、無添加石けんや浄水だけの布団丸洗いをした上でお届けしてくれますし、送料などを考えてお得であるので、2セットあれば、定期的に丸洗いに出して、汗やニオイ、排毒された化学物質など有害成分が溜まった寝具をスッキリさせることができるはずです。

避難用にも洗い替え用にも、普段から2セット必要でしょうから、命の値段としては決して高くも、無駄でもないと思います。


地震や噴火など自然災害の前兆も多数確認されつつある今、備えあれば憂いなし、そなえよつねに、と奮起してご準備ください(^-^) (いけや