ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

スマホ禁止を発令する愛知県刈谷市を応援したい!\(^O^)/

子ども21時でスマホ禁止、刈谷市が大胆な試み。


愛知県刈谷市は、市内の小中学校の生徒・児童に対し、夜21時以降、スマートフォンや携帯電話の利用を禁止することを決めました。

市内の小中学校やPTAでは、4月、新学期最初のPTA総会などで、この議題が話しあわれます。


こうした子ども向けの規制は、お上から舞い降りてくるような印象が少なからずありますが、この取り組みに強制力はありません。刈谷市生涯学習課によると、現場(学校)からの声を吸い上げる形で、こうした取り組みを始めるとのこと。


今回、刈谷市内の校長先生になぜこうした取り組みを実施するのか、話が聞けました。もしかするとこの取り組み、生徒や児童にとって良い結果になるのかもしれません。「禁止です」を言いやすく
愛知県刈谷市内の小中学生は、21時以降、スマートフォンや携帯電話の利用が禁止になります。表向きは、生活習慣の乱れを回避するための措置としています。なお、これは主に中学生に向けたメッセージとなり、小学校は中学生が禁止ならば小学生も、といったところのようです。


各小中学校は、市内のPTA連絡協議会などから要請を受ける形で、4月のPTA総会で保護者向けに話があるものとみられます。一部報道では、市児童生徒愛護会の発案となっており、これは刈谷市児童生徒愛護会という組織のことです。


この組織では、各学校の生活指導の先生や、警察署生活安全課の署員、幼稚園の理事らで構成されています。刈谷市生涯学習課によると、そもそもスマートフォンや携帯電話への問題提起は、現場である学校の先生たちから声が上がり、それを学校長らが教育委員会などに吸い上げたとのこと。


生涯学習課では、学校独自でスマートフォンや携帯電話を禁止するという判断は、なかなかできるものではないと話しており、この愛護会が提案する体裁で、PTA協議会らとの連名で市内の学校やPTAらにお願いするという形を取っています。

*******以上、転載 yahoo Japan Newsより

この試みは、とても良い結果を得られることを確信しています。グッドニュースですね!
次々と各地の教育委員会自治体の生涯学習課が追随することを祈っています。

成長や精神安定、脳のリフレッシュなど、特に大切な就寝時における電磁波の身体的影響を、できるだけ軽減させることで、必ず、キレル子ども達が減り、食欲も出て、笑顔が戻って、平均的な知能指数、学力が向上して、犯罪も減り、その地域において短期間でも結果が出せることでしょう。

このスマートフォンや携帯電話の若年層への広がりは、子ども達の未来に大きな影響を与えることは間違いありません。
LINEによる犯罪やいじめ、仲間はずれという、社会問題の源になっていること自体、なぜ、PTAや保護者、教育者達が、真剣に語り合わないのか不思議です。

グーグルで「スマホ 脳腫瘍」「LINE 危険」というようなキーワードで検察すると、たくさんの玉石混淆情報がヒットします。

私も息子達にこのような情報を知った上で、自己責任で使うように伝えていますが、とにかく、後悔先に立たず、脳腫瘍や白血病、うつや不眠、自律神経、統合失調などの精神病ならない前に、自己防衛して、健康維持することが大切だと感じます。

これからすぐにできることは、皆さんのお子さんが通う小中学校のPTAで、総会の議題や協議事項として、また、各委員会での取り組みとして、是非とも、この件について話しあっていくことです。

とにかく、子ども達も話し合うでしょうが、保護者や教職員としても、真剣に話し合い、同じ思いを持つお母さんが数人集まったらグループを組んで、教育委員会や学校、自治体、議会、地元の議員さんへ、この刈谷市の取り組みを伝え、陳情しにいってください。

子ども達の未来を守るのは、志高い、成熟した大人達しかいません。
今すぐ行動しましょう!


人の健康被害や生活環境の汚染を考えもせず、目先の欲、利益だけを考えるブラック企業のみならず、国という、本来、国民の生命、健康と生活環境を第一に考えなければならない組織であっても、すでに嘘で塗り固められた「不都合な真実」が、インターネットというバイアスのかからないフリーメディアによって曝かれはじめて、この闇の嘘つき集団の存在に、人々は気づきはじめていることでしょう。

近隣アジア諸国をみても、国内外の腐りきったマスメディアが発する、日本たたき、日本人の精神を破壊すべく、日々いじめのような陰湿な話題をみても、インターネットの情報、映像や実際に真の日本、日本人を感じることができる今、その嘘や支配、管理の裏が見え見えになっている状態でも、恥ずかしくもなく、やり続ける未熟さが可哀相にも感じます。

人々はみんな愛と平和な暮らし、誰とも仲よく笑顔で安らぐ暮らしを求めているんですよね!
もう奴隷生活から卒業しましょう。支配、管理、欲にまみれた借金生活から卒業しましょうよ。

このような国の未来を破壊してまで、目先の利益を優先する未熟な大人達、企業、利権関係者を、私たちは断固として認めずに、立ちはだかって、子ども達を守ることを選びたいと思います。

みんなで意見、宣言をして、刈谷市を応援して、この動きを広めていきましょう!(いけや



(お問い合わせ)刈谷市役所 広報広聴課
刈谷市東陽町1丁目1番地
電話:0566-62-1001 FAX:0566-23-1105