ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

町ごとオーガニックな取り組みが進むことを心から祈って~東そのぎ町へ

4月11日から14日まで九州(福岡・長崎)へ行ってきました。

野菜を提供いただいている、オーガニックパパの八尋社長からのお声掛けで、自然栽培のパイロット事業と、健康キャンプ村のような転地療養事業とを連携させ、地域再生と子育て世代の移住増を目指した取り組みの現地視察と打合せがありました。

場所は、長崎県「東そのぎ(彼杵)町」という、大村湾に面した、棚田がきれいな小さな町。

イメージ 1

化学肥料、農薬はもとより、動物性の有機肥料にも頼らずに、微生物たちが共生した土壌の力を活かした、持続可能な農業の実践を目指したパイロット事業に取り組むという、希望ふくらむお話でした。


健康キャンプ村のような転地療養事業については、夏を除いた秋から春までのオフシーズンに遊休キャンプ場を活用してできないだろうか?という相談でした。

イメージ 2

場所は、「龍頭泉いこいの広場」が候補施設として案内されました。

夏の屋外活動がメインの施設なので、いくらか水回りの工夫(調理場やお風呂など)が必要になりますが、全国各地でも同様に夏場以外に使われない、都市部や農村部から離れたキャンプ施設や宿泊施設は、食養生と生活習慣改革によってデトックスをし、クスリや医療に頼らずに体調快復する施設として活用することで、地域活性や再生、雇用創出、健康的な農産物や食料品の消費拡大につながって、ひいては、町全体のイメージアップに貢献できるものと確信しています。

是非とも、このような取り組みを推進して、全国各地に健康キャンプ村、転地療養施設を開設できることを祈って、今後の積極的な支援、協働を約束してきました。


もしかしたら、今年の秋から、東そのぎ町での健康キャンプ村モニターが始まるかもしれません。
興味ある方、参加したい方は、お気軽に連絡くださいね。(いけや