ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

日本海を眺めてリフレッシュ旅行してきました

イメージ 1

先週末、キャンプ村で療養していた方を諸事情あって送る機会があり、日本海沿いの高速道路移動だったので、その帰りに富山へ泊まって、プチ旅行することができました(^-^)


宿は、困ったときの常宿「ダイワロイヤルホテルリゾート」で、富山には「砺波ロイヤルホテル」が高速沿いにあったので、利用しました。

夕方に送り届けて、夜間の到着だったので、20時以降チェックイン(1泊朝食付き)という特別プラン(7千円位)を選び、とてもリーズナブルに、広々とした露天風呂を堪能(夜朝と3回ほっこり)して、35平米の広々としたお部屋とベッドでのんびりして、美しすぎる夜明けの景色に感動することができました。感謝。

イメージ 2

なぜ「ロイヤルホテル」? CS/ES的に大丈夫なのか?という点については、人それぞれなので鵜呑みにしないでいただきたいのですが、私的に利用している理由は以下の点からです。

1)どのロイヤルホテルもお部屋の広さや仕様、サービスが高いレベルで統一されていて、広い温泉(安心して入れる露天風呂)がある。

2)自然環境豊かな立地(空気感が良い場所)が多く、リゾートホテルとしては利用料金がとてもリーズナブル。

3)朝食(バイキング)が、普通のビジネスホテルと比べてまともであり、酷くない。(この表現が適当なのか、、、、ごめんなさい)

過敏症さんが泊まれるか?というと、確証はありませんが、窓が開けられる広い部屋、広い風呂(露天風呂)、あまり流行っていないけど、清潔感があり、サービスが良いリゾートホテルだと思います。

ただ、昨今の香料ブームなのか、お部屋のどこか?何か?についた、前のお客さん?の香料なのか、甘いストロベリーっぽいニオイが気になったので、アンケートに苦言させていただきました。

お客さんは、中国からのツアー客でそこそこ賑やかでしたが、マナーの良いお客さんだったので、言葉はさっぱり??でしたが、違和感なく、欧米からのツアー客のように、香水、芳香剤プンプンということもなく、快適に過ごせました。



翌朝は、そのまま帰るのも、そう富山に来ることも無いだろう、と思って、高岡の町を少し観光してきました。


国宝 高岡山 「瑞龍寺

イメージ 3


国からの補助がスゴイのか、とても整備され、美しく維持されたお寺にビックリ(・o・)

曹洞宗のお寺で、前田利長公の菩提寺との事。入館料がかかるお寺?とあって見応えあったかな。



イメージ 4



ロイヤルホテルのエレベーターホールに、この大仏様の紹介パネルがあって、日本三大「大仏」のハンサム大仏?ってあったので、そのハンサムに逢いにいきました。

どうでしょう? シャコタンのクラウンが似合いそうな、パンチパーマのイケメンヤンキー?とも思われがちですが、鎌倉の大仏さんや、奈良の大仏さんと比べると、確かに、、、、(^_^;)

横浜に暮らしていた時に、よく行った鎌倉や、修学旅行で行った奈良の大仏さんは、きっちりとしたお寺の境内にあったのですが、これは、町中の裏通りで、ちょっと?なんでここに大仏?って、驚きましたが、何事も経験ですので、手を合わせてきました。愛と平和の地球になりますように、合掌。

富山の町並み、印象は、多くの家が「黒光りした瓦屋根」で、景観条例があるかのごとく、とてもスッキリとしまった感じで、どの旧家も美しさと民度=知性レベルの高さを醸し出していました。
素敵な町、暮らしてみたい、と感じました(^-^)

さて、観光=お寺巡りっていうのも、年寄りくさいですが、特に目立ったスポットも無く、のんびりできる砂浜を目指して、高速に乗りました。


イメージ 5

新潟まで走って、磐越道に入る手前で高速を降り、「日本海夕日ライン(シーサイドロード)」をドライブしました。

「間瀬海岸」という、ひなびた海水浴場です。シーズンも終わり、沖合で水上バイク遊びをしている人がちょびっといる程度。BBQする人も無く、ほっこり感があります。

海水は生ぬるく、そのまま泳げそうな水温でした。水は、あらかいの阿賀川源流と比べてはいけませんが、透明度はあまり無く、押しては引く波を感じながら砂浜を散歩して、足浴デトックスしてました。

イメージ 6


たまたま通り沿いにあった新潟の有名なワイナリー「CAVE D'OCCI

イメージ 7

イメージ 8

キャンプ村にも、惇子さんが持ってきてくれた「この本」があって、一度訪れたいと思っていました。
観光バスが何台もいるほどの、超観光スポットになっていました。

ひとりランチでも、と思いましたが、混雑していたので、ざっと見て退散。
みんなスマホ持って写真撮っているし、大きな携帯基地局が近くに立っていました。
やはり人気スポットには欠かせないのかもしれません。



本当に何年ぶりでしょうか、、、、10年近くぶりに、時間やキャンプ村を気にせずにリフレッシュできたように思います。感謝ですね。

心と身体の休息、とても大事だと痛感します。
ありがとう、私の心と身体たち、、、ご苦労様でした!

今月は、全国、そんな想いと一緒に旅していきたいと思います。(いけや