ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

季節の変わり目~体調を崩しがちな時期、ご注意くださいね(^-^)

会津も、朝晩の冷え込みが一桁台になってきて、山の木々が色づき始めました。

このところ、快晴が続いたせいか、日中になると、しっとりとした空気感が薄れて、粉っぽく感じる日もありますが、相変わらず日の出と朝露、本当に美味しい!と感じる酸素の多い空気感は、ピリッと寒くなってくるこの時期が一番のように想います(^-^)


さて、季節の変わり目、体調悪化によるご相談も増えておりますが、いかがお過ごしですか。

収穫の秋、農薬散布や野焼きに苦しむ過敏症さんにとっては、一年で一番苦しい時期かもしれません。


9月に入って、転地療養やロハスモデルコミュニティの候補地探しを精力的に行っています。

特に、西日本を重点的に回っていて、富山の後は、長崎・福岡に3日間、岩手、千葉、横浜で情報収集と交流をして、関西(大阪、兵庫、京都)と四国(徳島)を回ってきました。

詳しくは、後日レポートしますが、今後も、関西(兵庫)や四国、九州の視察を続けながら、年内目標に候補地を絞り込んで、1日も早く実現させていきたいと想います。



*季節の変わり目の体調不良について

 春から夏に向かう気温上昇時は、気温や体温だけでなく、草木花、すべての生命の気が上昇して、解毒、排毒が進みやすい時期でした。

 夏から秋へと向かう時期は、やはり気温や体温が低下するため、排毒しずらくなることで、体調の悪化を招くケースが多くなります。

 また、台風などの気圧変化(低気圧が頭痛や怠さを招く)、不要な煙(田畑の野焼き)による大気汚染、冬へ向かう気の低下による不安や切なさが体温、免疫力、生命力を低下させたりと、自分が一生懸命頑張っても、どうにもならないことがあります。


 どうあれ、対策としては、「食べ物」と「意識を向けるもの」を、しっかりと管理するしかないと想います。

 身体を温める食べ物を中心に、しっかりと噛んで、美味しく、笑顔で、感謝していただきながら、体調悪化の原因を外に探すのではなく、意識を常に内に向けて、身体と心の治癒力、生命力を信じて、不安や怖れに堕ちないように、栄養バランスをしっかり管理し、食べ続け、出し続け、温め、寝て、起きて、感謝する毎日が大切です。

 意識のコントロールは、とても難しいかもしれませんが、精神安定に必要な「カルシウム」「マグネシウム」「亜鉛」「鉄」などの必須ミネラル、とにかく不足がちな抗酸化性ビタミン、ビタミンC、B群を十分に補給しながら、乗り切ることができるはずです。


 いつもニコニコ、ワクワク(^-^) 意識上昇がこれからとても大切な時期ですから、嫌な気分にさせるもの、情報、人、場所から遠ざかって、ニュースやテレビからも離れ、心地良い時間、自然豊かな空間、穏やかな人達と一緒に身を置くように、出来る限りの努力をしていきましょう!(いけや