ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

ロハスモデル・コミュニティの候補地に出逢う旅

前述したように、9月、10月と西日本を中心にロハスモデル・コミュニティの候補地に出逢う旅を続けています。

長崎県東彼杵町でのプロジェクトは、キャンプ村や健康市場のお野菜を送っていただいている、九州・福岡のオーガニックパパが主体となって、女性でも、子供でも、お年寄りでも、障がい者でも、そして、持病があったり、療養中や過敏症の発症者でも、どんな弱者が取り組める「やさしい自然農法」のための圃場整備事業を終え、播種も済ませて、これから「芽が出て、ふくらんで、花が咲いたら、、、、、」って感じです。

イメージ 1



依存社会、貨幣経済を卒業し、自立した自給自足生活のための新規就農を目指す若者達を始め、化学物質や電磁波、放射能などの環境汚染を出来る限り避け、自然の中でゆったりと子供や自分自身と向かい合いながら、質素ながらも、心豊かで、笑顔で健康的に安心して暮らせるロハス・コミュニティの中で、人生を全うしたい!って、私も含めて、気づいた人は誰しもが目指す到達点かと思います。

そんな、新しい価値観のコミュニティを、1日も早く実現させたいと願っています(^-^)



近畿では兵庫県を中心に、大阪、京都、周辺の候補地を視察してきました。

兵庫県では、日本におけるクラインガルテン発祥の地~多可町移住支援を積極的に行っている~神河町、広大な山間別荘地「播磨自然高原」が広がる上郡町、その他にも、姫路、赤穂、朝来市など、二十数件の土地、物件と周辺環境を観てきました。

大阪では、オルターの新社屋が完成した千早赤坂村を、西川代表自ら運転していただいて、隅々まで観てきました。代表、ありがとうございました<m(__)m>。

さらに、徳島県まで足を伸ばしてみたり。



※レポート途中ですが、今日はここまで、、、、、、続きます(いけや