ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

気づきって?どういうこと(゜;)エエッ

「病気は気づき」って、キャンプ村では日常茶飯事にお伝えする言葉です。

でも、「気づき」って何よ? この痛みとか苦しみ、悩みが、それで治るっていうの?(-_-メ)
みたいな波動の方がほとんどです。療養し始めの時は、、、、、(^_^;)


あれがクサイ、これが臭う、苦しい、ツライ、、、、、

送電線、携帯、スマホ、デジカメ、、、、LED電球も痛いから、全部無くして!、、、、

この味が変、この野菜から変なニオイが、玄米を食べると反応する、、、、


だいたい、療養開始から2週間くらいでしょうか、みんなそれぞれ「反応自慢・反応比べ」して、「不幸自慢・不幸比べ」して、私の方が重症、私の方がたいへん、と牽制しつつ、お互いに化学物質や電磁波に対して、さらに恐怖や不安を感じる不要な情報をインプットし続ける、マイナス・スパイラル状況が始まります。



恐怖と不安でいっぱいになると、私の所に相談にやってきます。

その際に伝える言葉が「病気は気づきですから、まず、自分の意識がどこを向いているかに気づいてください。過去を引きずって、今は感じない痛みや苦しみ、不安を再現してませんか?未来に不安を感じて、今は感じない恐怖や不幸を案じていませんか?」という内容です。


みんな、「今」を生きていません。


痛み続けた身体が、必要とする栄養、休養、酸素や水、思いやりや優しさを吸収し始めると、遅くとも2日後から、急速な解毒、排毒が始まって、すべての細胞が再生を始めるようです。リハビリ開始です。

当然、数週間、数ヶ月間は、細胞が生き死にを繰り返して、身体中、強制清掃、再生する訳ですから、筋肉も神経も、血管も、内臓も、順番に痛いし、カユイし、辛いのが当たり前なんです。



骨折して、ギブスをはめられ、ベッドに2週間、寝ていただけで、筋肉は落ち、歩けなくなります。

再び歩くためのリハビリは、とても痛く、辛いものですが、それを痛い、反応する、と放棄すれば、その人は車椅子の生活を余儀なくされます。それと同じです。甘く考えないでくださいね。

飲み続けてきた薬、薬害を抜くなんて、もっと大変で、長期間かかって、死ぬ思いになることも当然なんです。それだけ、身体を痛め続けてきたんですから、もう二度としない!って、心に誓うくらいの反省材料がなければ、また、食べちゃうし、飲んじゃうし、麻薬をやっちゃうでしょ(^_^;)



過敏症、生活習慣病、精神病も、病気はすべて同じです。

気を病んだ、いや、病ませた自分の無関心、不養生、無知、慢心、エゴが、最大の原因です。

急増する生活環境の汚染は否定しませんが、気づいて、避けることもできたはずです。

乳幼児や子供以外は、無関心でいたこと=自分自身の落ち度を反省するために、気づくためのものです。

子供については、間違いなく、大人、保護者の責任です。それも、大人、保護者への気づきのため。



痛い、苦しい、辛い、もうだめ、愚痴、泣き言、、、、、人に訴えて、何か良くなりますか?

それを聞いた方の気持ちを考えたことありますか? 嬉しいでしょうか? 心地良いでしょうか?



その人が気づいて、心と意識を入れ替えて、前向きに、弱音を吐かずに、

リハビリの痛みや苦しみに耐えて、体調快復する、社会復帰するために、

元気になったら、きっと誰かのために、一燈を照らすために生きるんだと、

ひたすら歯を食いしばって、笑顔を絶やさず頑張るしか、道はないんです!

他人には、どうしようもできないんです。自分自身が気づいて、頑張るしか!


その時に、心の中で見守る、あなたの神様が、そっと手を差し伸べて、幸せの道に導いてくれます。

たくさんの導きが、目の前に現れて、痛みも苦しみも、魔法のように消えていくのです。




誰かのせい、何かのせいにしているうちは、決して、痛め続けた心と身体は許してくれません。



まず、その低い波動の意識、言葉、行動、闇に気づいて、金輪際、封印することから始まります。


意識、言葉、行動がポジティブになると、波動も、体温も上がり、勇気がわき、過敏性が低下します。
まとわりついていた「闇」も、光が照らすことによって消えていきます。

食べ物が正しくなると、意識も変わり、成長し、世の中の嘘や真実に気づき始めます。
そうなれば、もう怖い物なしです。魔法の眼鏡とも言われます。玄米食の最大のメリットでしょう。


「病は気から」という気は、気づきの気でもあるんです。(いけや

********************************

最後に、先週届いたメールを紹介します。
昨年、夏に電磁波過敏に苦しむ若年女性の相談を受け、メールで何回かやりとりして、1年ぶりくらいに届いたお礼のメールです。



ご無沙汰しております。

以前、お送り頂いた冊子に怒りの波動で作られた食品は極陰性と書いてあるのを読んだ事がきっかけで、食事を全て、マクロビオティック、玄米食に変え、自分で作るようになりました。

それからずいぶんと調子が良くなり、性格まで変わり、人生が好転してきました。

以前、菜食を始めたばかりの頃は、お肉も食べた方が良いのかご相談させていただいたと思いますが、現在は肉を食べると調子が悪くなるようになりました。

歯科治療についてもご相談させて頂いていたと思いますが、無事終える事ができました。
食事の重要性、食事により、良くなるという気付きを与えて下さって誠に有難うございました。

先日、ブログ拝見させて頂き、大変共感し、感動致しました。

ご活動、心より尊敬致します。

これからも本当の正しい情報により、沢山の方々が良くなっていかれますようお祈りしています。

感謝