ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

母をたずねて三千里、ならぬ4,000km( ´ ▽ ` )ノ

1月中旬、父の命日に、東北の施設で暮らす母と逢って、酒を呑みながら愚痴を聞くことが年中行事になって10年になった。

今年は、九州・長崎からのドライブ、母をたずねて4,000kmを超える長旅になったが、天気にも恵まれて、体調的にもダメージなく、無事に帰ってこれて良かったです。


母は元気なのだが、年々、歯が悪くなるため、固いものが食べられず、それらが、すべて私の担当となるため、ほぼ2人前を食べざるを得ないのが難点で、食べ過ぎ、飲み過ぎ(これは自業自得)てしまう。


このような出張時に、欠かせない秘薬が、玄米ご飯です。


よくみんなに笑われますが、車には玄米と炊飯ジャーが積まれています。
さすがに、飛行機での短期出張は玄米弁当くらいですが、数日となる場合は、酵素玄米一升を炊いて、車中、ホテル、朝食のバイキング会場でも、ジャーを持参して、欠かさず玄米だけは食べるようにして、体調を崩さないように注意しています。(ホテルスタッフがジャーを覗きに来ること多々あり)


今回は、車でも使える湯沸かしポットを入手したので、玄米にお味噌汁が加わり、サービスエリアでの食事が充実しました。

梅干し、ぬか漬け、いたまないおかずを少量持ち、三年番茶のティバッグや無添加おやつが助手席にあるだけで、安心できて、結構な長期出張が可能です。



今回の長旅では、帰りに大きなイベントが待っていました。

高校三年の冬に免許をとって三十数年、ずっと車に乗り続けて、初めてフロントガラスが割れる事故に逢いました。

幸い、今のガラスは粉々にならずに、二重ガラスで穴やヒビがあっても、どうにか走り続けることができるようです。


岡山あたりだったと思います。高速道路を走っていて、一番左の走行車線、斜め前に砂利を積んだ大きなダンプカーが走っているのが、なぜか気になっていました。

特に、シートをかけている訳でもなく、細かな砂、小石が飛んでくるなぁ、っと思って、早めに離れようと車線を変更しようとした時でした。


結構大きな石が、タイヤに挟まっていたのか、バッティングセンターのボールのような勢いで、ピシっとフロントに飛び、3cmくらいの穴があいてヒビが入ったのです。


恐ろしい一瞬でした。
ちょうど、ハンドルの上部、運転席の正面で、そのまま石が車内まで飛んできたら、イチコロ?という場所です。
でも、大きな事故にならず、そのままどうにか長崎まで戻ることができました。


先日、フロントガラス交換の見積もりをとったら、思いのほか高額で、車両保険をつかって修理することができました。

相棒のフォレスターも、私も、いい経験ができたように思います。



皆さんも気をつけてください。

調べると、結構、同様の事故が多いようです。

たくさんの荷物を積んだトラックの後ろは、本当にお気をつけください。