ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

転地療養、保養の善し悪し?~人は3日で順応しますから

「あらかい健康キャンプ村のような、空気がきれいで、電磁波も無くて、みんな過敏症に理解がある、なんてところに行ったら、家に戻ってこれなくなるよ」


まぁ、一理あります。
汚染地帯、24時間明かりの灯る便利な街に暮らそうとは思わなくなるのは、事実です。

ただ、どんなところでも、3日間あれば、体は順応するようです。
ただし、ストレスフルか、リラックスかによって、その後の体調、寿命は大きく異なりますが、、、、(そこで意識変革が必要になるんです。このままでいいのか、しがみつき続けるのか、価値観を変えて、心地よい選択するために、なにができるか、、、、という自己変革です)


どうあれ、病気、心と体と脳のストレス、すべての生命体が、今の破滅的かつ享楽的な暮らしが終焉を迎えていることに気づいているので、どうしても、自然共生の持続可能な健康的な暮らしへシフトするための移行期間は、都市と田舎との生活環境ギャップ、水質や空気質の違い、お金で買えない自然という宝物の価値に気づいてしまうと、都市に住みたくないですよね。


じゃ、転地療養、保養は不要か?

そうではないと思います。都市、家に戻って、たくさんの人が、発症以前よりさらに幸せな暮らしにもどり、社会復帰していますから。

さらに、それぞれの生活習慣、体調管理レベル次第ですが、環境病の体調快復段階としては、必須の条件だと考えています。



チェルノブイリ原発事故の後、非汚染地域での70日間の保養の効果、ということが臨床医学的に報告されています。

http://www.com-info.org/ima/ima_20121114_kowaka.html


放射能汚染のみならず、農薬、排気ガス、香料、タバコ、大気汚染や有害な化学物質、重金属汚染による過敏症も同様で、最低でも60日間、理想的には90日間(約3ヶ月)あれば、転地療養、保養によって、体内に蓄積された有害物質除去、免疫力、体力の快復に極めて大きな効果があると、キャンプ村の実績を通しても実証されています。

それは、期間ではなくて、1ヶ月でも、1週間でも、3日でも、わずか数時間の健康市場滞在で話を聞いただけでも、意識を変えるきっかけにさえなれば、最大限の効果を発揮できて、帰宅後、めきめきと体調快復することができます。実際、そういう例もたくさんあります。 



ただし、効果があるのは、非汚染地域、すなわち、生活環境の汚染によるものが原因である場合です。


薬害や医害など、汚染源が自らの依存、思考によって除去できない場合
http://matome.naver.jp/odai/2138381482202343401

アドバイス害、介護害(イネイブラー)など、人的原因の場合
http://www.yakkaren.com/bigina.b/ineburanohontounokao.html


あとは、家庭不和、家に居たくない、働きたくない、病気のままでいたいetc、いろいろ悩み、苦しみあると思いますが、こればっかしは転地療養、保養では、どうにも解決、快復できないと考えています。


とても、複雑、複合的な環境汚染の時代、とにかく情報を最新に、正しい情報に行き当たるように、自分自身を公平に、かつ、先入観、誤った記憶、決めつけ、思い込みをリセットして、心が穏やかに、腑に落ちる情報に巡り会えるように、努力してみてください。応援してます!(*^▽^*)ゞ