ナオルヨブログ2019

心穏やかに、心地よく、愛と自由と平和に暮らしましょう〜新しい5次元地球で永久に共に!!

こういう話、大好きです(^_^)この人に逢いたいぃ~~

イメージ 1

道産子でポクポク日本縦断 北大生、与那国島にゴール
http://www.asahi.com/articles/ASH344D3LH34IIPE00T.html

全国の在来馬を訪ねて「道産子(どさんこ)」(北海道和種馬)2頭と日本を縦断する旅を続けていた北海道大獣医学部6年の山川晃平さん(24)。

道産子の「みっちー」「ゆっきー」とともに、木曽馬(長野県)や対州馬長崎県)など7種の在来馬を訪ねることを思い立ち、昨年6月19日に宗谷岬を出発。

3月3日、ゴールの与那国島沖縄県与那国町)に到達した。
昨夏の宗谷岬稚内市)スタートから8カ月余りかけて、約3千キロの旅を締めくくった。


**************************

逢うといつも話をしてくれる、賢いお馬さんのお話。
岩手の母が、疎開先の本家で暮らしていた幼少時代。

結構、距離のある駅まで、ひとり馬に乗って、ぽっこぽこと送ってくれたあと、「帰っていいよ」となでてあげると、馬は道を間違えることなく、家に戻っていったそうです。

ただ、おトイレが母屋の外にあった時代、夜のおしっこは、曲り家で馬の眠る前を通らないといけず、やさしい馬は、起きて来た子どもに声ならぬ、鳴き声や息をかけるそうで、それが、子ども心に、ちょっと怖かったらしいです(^_^) のどかで、動物たちと共生していた、本当にいい時代だったなぁって。


私は、小さな曲り家で、やさしく賢い馬と一緒に、半農半Xに生きるのが夢です(^_^)

http://ja.wikipedia.org/wiki/曲り家